【第1話】認められた記憶などほとんどない僕がSTORYS殿堂入りの知らせを受けた日・・・ふと思い出した、忘れられぬ友人と交わしたある「約束」

1 / 4 ページ

後編: 【第2話】認められた記憶などほとんどない僕がSTORYS殿堂入りの知らせを受けた日・・・ふと思い出した、忘れられぬ友人と交わしたある「約束」

その人は、富岡太郎君と言った。

彼は、僕が今まで出会ってきたすべての友人の中で、最も印象深い人物であったに違いない。

それは、生まれて初めて親元を離れ東京で暮らすことに決めた、人生におけるターニングポイントの年に出会った友人だからなのかもしれないし、お互い地方から出てきて慣れない東京での浪人生という中途半端な境遇も、僕達の関係性にとってはまことに親密さを増す結果になっていたのだろうと、今振り返ってみると、そんな気もするのだ。

球界にその名を轟かすイチローこと鈴木一朗が、颯爽と世に登場するのはまだだいぶ後のことで、日本における「太郎」と「一郎」は昔話の登場人物の名前という認識以外の何ものでもなく、これは「太郎」や「一郎」という名が世間的にいうところのイマドキの名前とは正反対に位置づけられていたころのお話である。

世の中はバブルで浮足立っていて、オシャレであることが自己肯定のような時代に「太郎」という名を持つ同じ年の彼に、興味を持ったことは否定しない。

「太郎」という名前の持つイメージは、まさかり担いだ何とか太郎のように勇ましいものであるのに対し、彼の容姿はそれとは正反対のものだったことも、彼と仲良くなることが出来た一つの要因だった気がするのだ。

東京都練馬区練馬で浪人生を対象として自宅の部屋を貸しだしている、とある下宿で僕たちは出会った。

静岡県出身だという彼は、俗に言う牛乳瓶の底のような鼈甲の縁の眼鏡をかけ、髪はアメリカのアンティークの上品なお人形のような薄い栗毛で、肌は透けるほど白かった。

張り付いたような笑顔が育ちの良さをうかがわせ、3度の飯よりコーヒーが大好きなのだという。

屈託なく笑うその顔は、やたらと人懐っこかった。

「体の色素が人よりも薄い」

という身体的特徴により、中肉中背の背格好よりは華奢に見えるこの人と一緒に暮らしたのはたった1年間だったけど、僕にとっては、それだけ忘れがたいものだったということだ。

みんなの読んで良かった!