ちい物語

ちい…そう、ぢ です。 


はい、痔をお持ちの皆さんお尻が冷えて、悶える季節になって来ましたね(><)


私と痔とのお友達関係は、7歳のピアノの発表会に行くのに、忙しいから思いっきり踏ん張ってうんちをした所、ぶばっと尻から出血した時からです。みんな急いでたので、私のお尻のことはスルーされ、尻の痛みに耐えながらメヌエットをひいたという。苦い思い出から始まります。


それからは若さの修復力で、めちゃくちゃかたいうんちか、下痢ピーのときにたまに出血して、少し経つと尻の痛みは、しらっと消えるというのが続いていました٩( ᐛ )و


小学校高学年になると性教育が始まって、私はぢの出血を生理と勘違いして、うんちの出血のたびに初潮だ!初潮だ!と騒いでましたΣ('◉⌓◉’)


本格的に生理が始まってからも、痔とのお友達関係は複雑になり、生理になると痔も痛む。そして一番の問題がナプキンが尻に擦れて悪化するを繰り返してました。

このころからおばあちゃんが新聞に載ってた痔の薬、「ヒサヤ大黒堂」のお薬を買ってもらってました。


しかーし、よくなったと思いおさらばしたとは思っていましたが、また肛門からの電撃痛!!

急いでボラギノール注入軟膏を買って来ました。

10何本しか入ってないので、痛いところにテッシュに塗ったり、どうしてもの時はどーんといれてました٩( ᐛ )و(>人<;)


長いこと試行錯誤しながら痔さんをだまくらかせて来ましたが、本格的に椅子にも座るのが厳しくなって来てので大学時代に肛門科を受診し「切れ痔」で軟膏治療で大丈夫と言われたので、塗り塗り、時にはブスっといれてました。


人間てよくなると忘れちゃうもんですよね。

軟膏とおさらばして半年、ベンチに腰掛けたら電撃痛!!

切れ痔からランクアップ「いぼ痔」になりました。


そして妊娠て出産のとき、噂で聞いてたいきむから、その時痔が飛び出ない様に看護師さんが肛門を抑えてくれるということを!

こっちはしてで夢中でしたが確実に肛門はほったらしなんだ!と痛感したのが、産後またを切ったとこより、尻の痛みに苦しませるとわ_(:3 」∠)_

親指サイズのいぼが飛び出してくれてました。

手術適応もあると言われましたが、軟膏で粘りたってます٩( ᐛ )و


この時期なんにもしなくても、ちいは元気なうずいてくれてますね(๑>◡<๑)


著者のよしの ちかこさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。