無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

前編: 中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話
後編: 生き地獄の始まり、電気水道ガス供給停止、米を買うお金も無く、家賃滞納、借金返済催促の電話が毎日朝から晩まで鳴る、一歩間違えばホームレス生活寸前の生き地獄

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。

焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。

建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。

その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。

月収は16万円程度。

長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活をしながら、その仕事を1年ぐらい続けていたが、そのハツリ屋の仕事も仕事が減り、休みが多くなってきて、収入は半減していた。

そんな矢先、妻の親が経営していた会社が倒産、妻の実家や財産は差し押さえられ、俺も妻も妻の両親も妻の弟も住む場所がなくなった。

そこで、俺の名義で一軒家を借りて、俺と妻と妻の両親弟で住むことになったのだが、妻の父親は無職状態、妻の母親はパートで月収10万円程度、妻の弟は高校生、俺の収入は16万円、妻の収入は4万円程度、長男は3歳。

6人家族、世帯月収約30万円

そこからさらなる生き地獄が始まった。。。


続きのストーリーはこちら!

生き地獄の始まり、電気水道ガス供給停止、米を買うお金も無く、家賃滞納、借金返済催促の電話が毎日朝から晩まで鳴る、一歩間違えばホームレス生活寸前の生き地獄

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。