オンナたちはみんな、ただの素敵なオバさんになりたいだけ

2 / 2 ページ


だってぇ、おばさんになったらさァー


アイドルにもなれないしィ


イケメン王子様とも釣り合わないじゃん!



なるほどオバさんになった自分を想像しても

要するに面白くなんかないわけです。



私は30代


ハタチの子から見れば立派なオバさん


でも60歳の人から見れば

まだまだ若いヒト…らしい。


実に微妙な位置です。



実は私も女子大生の時は

オバさんは、別の次元に住む生き物だと思っていた。


自分が十何年後オバさんと呼ばれても否定できなくなるだなんて

夢にも思わなんだデス(笑)


女子大生は

その後、十何年間があっという間に過ぎるだなんて

思いもしないのでしょう。


ま、そんな私でもいつかオバさんになる日が来ることは

どっかで分かってましたけどね。


オバさんだし、太っちゃって

トウゼン恋とかしないだろうし

日々、鏡も見ないでダサい格好で

引きこもってるだろうな、なんて思ってましたね(笑)


だからオバさんになってまで夢見るとか

あり得ないと思っとりました。

(浅はかな若者でした)



でも、今、私は決して別次元でもなく

同じ世界で生きています。

(当たり前だけど笑)




とりあえず思うのが


ネガティヴな歳の取り方とポジティブとでは


明らかに人生が変わるってこと。



どうせ年取るなら

明るいオバさんで生きませんか?


暗い陰気なオバさんよりは!


最近に正真正銘の50、60歳代のおば様を


拝見してて目

決して図々しくなく、堂々とされてハキハキ明るい

おば様見ると

生き生きしててイイなあって思います。


小池都知事とか良い例かな。



服も野暮ったいのとか暗い色のじゃなく


綺麗なグリーンとかブルー


赤い色が似合うオバさんも素敵


お化粧もきちんとしていて

溌剌として…



長く生きてるぶん自分のことよく分かってるなあって


今を大切に楽しんで生きてるなあって




そう考えると

私も若い世代が失望しないような

1人の女性としては歳を重ねたいなと思うようになりました。


昔の私のような

浅はかな価値観の子もいるでしょうが



オバさんだって夢を持つんだよ

あなたもオバさんになった時

夢があるといいねって

無言のメッセージ送ってます。



だってオバさんになるのは

絶対避けられることじゃないのです。



言ってみれば人生の半分は間違えなく


オバさんとして生きるわけですからね!!


夢は人の心をキラキラさせてくれます。

たとえオバさんだってね!

私の夢は

新しい婚活を浸透させて

幸せな女性を増やすこと。



女性が幸せなら旦那さんも子供たちも幸せ。

国中の皆を幸せでいっぱいにしたい!


そして10年、20年後

その幸せな光景を、目を細め満ち足りた気持ちで

見守り、励ます


満ち足りた菩薩のようなオバさんにになっていたいです



女性たちは皆、未来のオバさん予備軍です。


そして、歳をとるということは

素敵なオバさんになると


信じながら生きることなのかもしれませんね。



アメブロ  http://ameblo.jp/maichelle 

著者のYoshida Maikoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。