チームワークの大切さ

ボランティア活動として、山元町の産業復興のために、イチゴ農園の農作業のサポートをさせていただくこととなりました。このイチゴ農園は津波の被害を直接受け、ビニールハウスもボイラーもタンクもすべて流された上に、津波で流されてきた家屋等のがれきで畑が埋め尽くされたとのことです。それでも、この農園の方は同じ場所で、これまで通りのイチゴ農園を再開することを決意されました。が、到底家族のみでは果てしない道のりになり、時間も要するとのことで、ボラセンにサポートを依頼されたそうです。

ボランティアチームは10名一組でした。目的は一つ、山元町の災害復旧・復興を願って終結した者同士。全国から集まったメンバーでした。3日間同じ現場に入りましたが、3日間とも全く一緒のメンバーになることはありませんでした。おそらく、絶対に、全く一緒のメンバーでお手伝いすることは今後ないでしょう。それでも、リーダーを決め、方向性を決める。同じ目的に向かって走り続ける。その一日一日のバトンで山元町の方々の復興の手助けができる。たった一人の力では、何もできないし、世界を変えることなんてもちろん無理だけれども、時間的に継続して、複数の力を合わせれば、期待以上のことができる。そう実感しました。

著者の水沼 功さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。