学生時代

携帯って便利ですよね。これ一つあれば世界中と連絡取れちゃうんですから。



だからこそめんどくさいなっておもったことありませんか?


あたしは学生時代は常にそうおもってました。

 初めて携帯を持ったのは中学校の時だった。塾に行き始めるからっていう理由。携帯を持ったことで周りの友達とのアドレスと番号の交換が始まる。手紙で携帯を持ったからアドレスと電話番号を書いて授業中に回す。早速買ったの?って返事が来るとそれはそれは嬉しくて。登録しとくねとか言われ家に帰ると何通かメールが来てて自分もアドレスを登録する。何人増えるんだろうと思うくらいたくさん教えた。今で考えるとめんどくさくて嫌だね(笑)

そして、メールをしながらドラマみたり音楽番組見たりしてた。今見てるー?なんて軽い会話。急に返事がなかったりするとすごくすごく不安になる。あたしが変なこと言ったかな?怒らせちゃったかもって。

それで何度も何度も、

あたし何かしたかな?ごめんね?ってメールを打つ。考えればストーカーみたいだよね(笑)いま思うと気持ち悪い(笑)

でもその時のあたしはそうするしかなかった。友達がいちばんだったからね。

それで友達からごめん、お風呂はいってたーとかくると、安心したりなんかして。友達に気を使って使って使いまくってできあったのは表面上の仲良いお友達関係。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。