カッコ悪さの代償

1 / 3 ページ

その男はイライラしていた。社で売り上げトップなのにも関わらず、どうして小言を言われなくてはならないのか。それも2位であるあいつに。


彼の名は伊達蓮太。ここ最近調子を上げ成績を伸ばしてきた。昨年ついに売り上げトップに躍り出て、今なお好調を続けている。彼は自分のやり方に絶対の自信を持っていた。売り上げがその根拠を裏付けている。


2位で同期である高取啓介はそれまでずっと社でトップを取り続けていたライバルだ。入社したての頃は伊達の方が成績は優秀だったが、三年もすると差は逆転し、その後は高取がトップを独走し続けた。


高取は王者を奪われたことの悔しさのあまり、小言を言ってきたに違いない。悔しくて小言を言ってくるなんて、なんて情けない奴なんだ。あいつの話をまともになんて聞いちゃいけねぇ。


きっと馬鹿げたことを吹き込んで、俺の成績を落とそうとしているに違いない。俺は俺のやり方でトップを狙う。甘っちょろいこと言いやがって。どうせ裏では俺とおんなじなんだろう?偽善者め。その手には騙されないぞ。


伊達は高取から言われたことを何一つ聞きはしなかった。それ以降も伊達はトップを守り続けた。時より高取が口出ししてきたが、伊達は全て聞き流した。


あいつもしつこい奴だ。2位に落ちたやつのことなんて絶対聞くもんか。奴は落ち目だ。落ち目の奴のことを聞いたら、自分まで下がっちまう。


それでも高取はやり方を改めるべきだと言い続けた。


俺は契約件数の多いセールスマン。多少悪いことをしたってなんのその。契約が取れるのならいいじゃないか。本当にうるさいやつだ。


伊達は吸っていたタバコを道端に投げ捨て、セールスへ向かう。伊達は法律ギリギリのラインで取引を行なうことにも躊躇はなかった。



数ヶ月が経過すると、ほんの少し。とても僅かだが、市場にある変化が起きた。伊達も高取もその変化を見逃しはしなかった。


敏感に察知した二人はすぐさま行動に移した。しかし、二人がとった行動は全く逆の行動であった。高取は保守的な態度をとるのに対し、伊達はここぞとばかりに攻め入った。


市場は荒れに荒れ狂い、この時攻めに出ていた伊達の顧客は大打撃を被ることになった。そのほとんどはなんとか持ちこたえることが出来たが、一社はついに倒産に追い込まれてしまった。


社の実績はガタ落ちした。

伊達の信頼もガクンと落ちた。


今までの無茶なやり方も含め、全てのしわが結集されたのだ。

伊達はこっぴどく搾り取られ、責任を取らされることになった。


遠回しにやり方を改善しなければクビだと言われたのと同様である。



ひどく落ち込む伊達の元に高取が現れた。


「お前の言う通りになったな。みじめな俺を笑いにきたんだろ?これで当分トップの座はまたお前のものだ。」


伊達は少し顔を見上げただけで、すぐにまた俯いてしまった。


「俺らが新入社員の頃はさ。」伊達と目が合うと高取は続けた。

みんなの読んで良かった!