彼女が登山好きなので、彼女の為に登山ルートを下見してたら、遭難して死にそうになった。次の日、彼女が元彼と復活してた。

1 / 7 ページ



 偶然の出会い?必然の出会い? 馴れ初め


  女友達はいるが、恋人という存在は長らくいなかったある年の初夏。

当時、私はもう恋愛など出来ないだろうという諦めの気持ちと同時にもしからしたらまだ白馬の王子ならぬ、白馬の王女が出てくるのではないかという微かな希望を持っていたのです。


 私は35歳、白馬の王女は34歳。

これは偶然でなく必然だと自分では考えていたのです。

なぜなら、彼女とは初対面ではなかったからです。


実は、30歳前後の頃にその彼女と初めて会っているのです。

初対面の時に、「カワイイなぁ~、理想だなぁ~」なんて思っていました。

そこで、連絡先だけは聞いたのです。


何度連絡しましたかね、会う為の口実を作っては誘ってたのですが、

5回以上は断られましたかね、それ以上は連絡をしなかったんです。


後になって、彼氏がいると聞いたので、

これ以上はしつこいから止めようと思って連絡をしなくなって5年が過ぎていたのです。



 ついにチャンス到来です!


 彼女とは共通の知り合いがいたので、たまに鉢合わせをすることはありましたが、

会話をすることはなかったです。

それが、初対面から5年目に一通のメッセージが届きます。



彼女「ご無沙汰です。お元気ですか? いつもお誘いありがとうございます」



メッセージのやり取りをしてると、彼女の方から一度会いませんかと誘われたんです。

思ったんです。あっ、これは何かの勧誘だなと、きっとネットワークビジネスに違いないなと。

だとしてもいいやと私は思ったんです。


彼女には彼氏もいるだろうし、ここでネットワークビジネスにでも勧誘されれば、

私も中途半端な思い上がりもしなくて済むし、次に進めるだろうと考えたわけです。



みんなの読んで良かった!