教習所通ってます

1 / 2 ページ

只今、十数年ぶりに自動車教習所へ通っております!

なぜなら、農家たるもの、軽トラに乗れないでどうするゴルァ!

てワケでして……

オートマ限定の私は

限定解除するべく近所の教習所へ

マニュアル免許を取りに通っておるしだいです

説明会の時に

この夏の暑い時期

女性の肌の露出が目立ちますが

なるべく露出を控えた服装の着用をお願いしますと言われました

なるほど!!

教官とは言え男性

そんな気なくてもソワソワしちゃうわね!

キ・ケ・ン!!

次の日

私は不必要なくらい着込んで行った

すると

若いピチピチの女子教習生が

パンツ見えそうなくらいのミニを履いて闊歩していた

横目で私を見ながら

「ふん、オバサンのことなんて誰も見ちゃいないわよ…」

って言われた(気がした)

毎回、教官が変わるので

言ってることや、見るポイントが違うので

ついていくのに必死です

初日は若い教官でした

クラッチとギア、アクセルの動作を

「いち、にー、さん。しー!」と数えながら動かすと分かりやすいと言われ

大声でいちいち言いながら運転していたら

あきれ顔で

「そんなにしゃべってたら恥ずかしいでしょ?心の中でいいよ……」

だって……

なんだい今更!

既にしゃべりながら運転する癖が付いちゃったじゃないか!!

2回目の教官は

私のギア操作が気にくわないらしく

そこを集中的に攻めてきた

「そんなに力んだら折れる」だの

さんざん言ったあげく

手袋をしているのを良いことに

ずっとギアにおいてある私の手を握って

「ロウ、セカンド、サード、セカンド、ロウ、セカンド……」

もうっしつこい!!

不必要なくらい着込んできて正解!!

でも初日の人より分かりやすい説明だったので

最後に

「凄く分かりやすかったです。」と、やや上から目線で伝えたら

「仕事ですから」だって

著者の成澤 郁さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。