奇跡、生きる〜小さな生命が私を救ってくれた〜パニック障害の私が命の危機に直面して少しだけ成長した話

1 / 6 ページ


これは私に起きた奇跡としか言えない出来事の話。

生きていること自体が奇跡。

時には辛いこともあるけれど、

精いっぱい笑って生きていこうと思えた出来事。


ーーーーーーーーーー



結婚3年目の28歳。

基本ネガティブ人間。

心配性で打たれ弱い。

自分に自信がないくせに負けず嫌いで強がり。

大丈夫じゃないのに大丈夫って言ってしまうのが癖。


夫は同い年。

地元(隣県)が同じ。

論理的で我が道を行くタイプ。

嫌なことには嫌とはっきり言える。

他人の目を気にしない堂々とした、私と全く正反対の考え方をもつ人間。



私は短大時代にパニック障害を発症した。

不安感が強くなると動悸や吐き気が襲い、嘔吐恐怖も併発していた。

好調不調を繰り返していたが、数年前に地元にある相性の合う心療内科の先生に出逢い、

たくさん飲んでいた薬も現在は抗不安薬を1日に0.5錠飲むだけで随分落ち着いてきた。


ただ、ストレスや疲れが溜まると、

自律神経の乱れからか動悸、モヤモヤ感、吐き気、胃のむかつきで食欲減退が続く事があった。



私は子どもが好きでいつかは夫との子どもが欲しい、産みたいと思っていた。

昔から子どもを持つのが夢だった。

夫もいつか子ども持てたらいいなと話していたが、私のパニック障害や薬を飲んでいる事が少し気にかかるようで、すぐに欲しい…というわけではなかった。


友人達の妊娠、出産報告などを聞くたび、うちはまだなのかなぁ…と不安と焦りの日々。

【子どもが欲しい】【まだ時期じゃない】と夫婦喧嘩することもしばしばあった。


主治医の先生には

「今はとても量が少ないし状態も落ち着いてる、この薬を飲みながらでも出産してる人はたくさんいるから、そこまで神経質にならなくていいよ。お母さんの心が安定してる方が赤ちゃんにとってもいい場合があるから。」

と結婚した頃に言われていたが、

(子どもはすぐにでも欲しいけど、少しでも何かのリスクがあるなら薬飲まなくなってからの方がいいのかも。もし子どもに何かあった時は一生自分を責めるんだろうな。でもいつになったらその時が来るんだろう…夫がその気になる頃に手遅れになってたりしないかな…)

といつも不安だった。



昨年10月〜12月頃、

体調が優れない日が増えていた。


11月11日

毎年検診を受けるA産婦人科に先日受けた子宮がん検診の結果を聞きにいく。結果は陰性だった。


11月12日

生理が始まる。

この日の夜、地元で短大時代の友人達と食事に行くことになっていた。

腹痛と胃のむかつきがあったので、

(今日生理くるとかタイミング悪いなぁ…)と思いながらも、

楽しみにしていたので鎮痛剤を飲んで集まりへ参加。

友人達が集まり、近況報告などで盛り上がったが、腹痛と吐き気でほとんど食事は入らなかった。


11月21日

仕事に行く前、回転性のめまいと耳鳴りが起きた。

(えっ…まさかメニエール?)

と少し考えたが、ほんの数分で落ち着いたので気にせず仕事へ行った。

お昼頃トイレに行った際に不正出血に気付いた。

不正出血は初めてだったので、翌日産婦人科に行くことにした。


11月22日

A産婦人科を受診。

内診してもらうと、

医師「子宮きれいだし、たまたま出血したんだろうねー。止血剤出しとくから1週間くらい飲んで止まらなかったらまた来て。」

(たまたま出血って…たまたまってなんだよ)

と軽く不信感を抱いたが、

1週間止血剤を飲むと次第に出血は止まった。


12月になって、

生理予定日を過ぎても生理が来なかった。

生理前にある胃痛と胸のハリがあったので、そろそろくるだろうと思い様子を見ていた。


ちょうどこの頃、国家試験を受ける事になっており、初めての受験で緊張やストレス、プレッシャー、勉強疲れで自律神経が乱れているんだろう、ホルモンバランスでも崩れたのだろうと思い、

夫や母にも「多分いつもの感じだわー」と言っていた。


しかし数日経っても生理は来ず、胸のハリがビリビリとした激しい痛みに変わり、

吐き気とめまいが続いていた。

この頃はさっぱりしたものが食べたくなり、夫に頼んで南蛮漬けや酢の物、レモンを買って来てもらったりしていた。


12月24日

クリスマスイブ。

体調も優れず、夫とのんびり過ごす。

(先月生理来てから夫婦生活控えてたし、妊娠は絶対ないよね。想像妊娠とか?想像妊娠でも妊娠検査薬って反応するんだっけ?検査してみるかな。)

妊娠検査薬を購入し、夕方検査してみた。


今まで一度も反応した事ない検査薬が、尿に浸した瞬間に陽性反応。

正直嬉しさより戸惑いと不安。


(えっ?これ陽性?

あの生理だと思ってたのは何?

そのあとの不正出血は?

止血剤飲んだよ?

やっぱり想像妊娠?

生理痛と思い込んで飲んだ鎮痛剤。

試験のストレスから体調崩したと思い込んで飲んだ胃薬。

抗不安薬も毎日飲んでる…。

でも今日は土曜日…病院開いてないから月曜の朝一で病院行こう。)


不安しかない私に、

夫は「妊娠してるかもしれないんだから暖かくしなさーい」と言って毛布で包んでくれた。

母にも

【陽性反応出たけど、止血剤とか飲んだし、生理とか不審な点が多すぎるから月曜病院行ってくる】

とメールした。

私の不安を感じ取ったのか

【病院行けば分かるよ。慌てない慌てない。なりゆきに任せなさい。】

と返事がきた。



12月26日

8:00

朝ごはんを食べて、夫に「午前中のうちに病院行っといでね」と言われ、仕事に送り出す。

病院は9時からだったので、ゆっくりテレビを見ていた。

そろそろ軽く掃除してから準備しようかと白湯を飲んだ瞬間ーーー


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。