英語嫌いが、偏差値30upし、外国語大学に入学、そして長期留学の後、海外営業マンとして内定するお話。Part2【高校生編 #1】

大きな転機。


入学直後の進研模試。

幸い受験勉強を一生懸命にしただけあって

偏差値50 の高校では真ん中より上に食い込むことができた。

これで地方国立大学も狙えるな。そう思っていた。


しかし、これだけ自分の能力以上に頑張って来た自分。

そして、高校という華やかで、中学より似た者が集う環境で勉強に性を出すことはできなかった。

似たのも同士は心地がいい。


そこから勉強はやめた。

課題はほったらかし、家庭での学習時間は0となった。

宿題、予習ですらせず、友達のものを授業前に写す始末。


気づけば2年の秋だった。

一応進学校であったため、先生たちからは勉強しろと言われた。

先生「君たちは可能性の塊だ。ここでの頑張りが一生を決める。」

  「君たちは受験生0年生です。本腰を入れろ。敵は全国にいるのです。」

そんなフレーズが全校集会で毎週、毎月のように浴びせられる。


それでも僕にやる気は出なかった。

担任からは「お前学校やめたら?」

そんな冷たい言葉も浴びせられる。


しかし、またもや進研模試が今度はいい形で自分の熱に火をつけた。

それは2年生の冬の模試だった。


偏差値30。志望校は全てE判定。(これは合格率20%以下を示すラインだ)

僕「このままではいけない。将来困りたくない。」

そんな思いが僕を突き動かした。


実は高校入学時すぐに、塾に入学していた。

しかし、すぐやめた。遊びたかったから。


僕「やばい。偏差値30はやばい」

 「あそこに戻ろう。助けてくれるかもしれない」



そんな気持ちで近所の個別指導塾へ出戻りした。

そこでは何も言わず、変わらない態度で迎えてくれたY先生。

彼は国立大学の学生だった。しかし、高校生の僕にとってはかっこいい先生にしか見えなかった。


Y先生「おー、なかなかやばいなーー。笑」

僕  「は.....い。すみません。」

Y先生「大丈夫。がんばっていこうな!!」

僕  「はい!お願いします。」


藁にもすがる思いだった。

それから猛勉強が始まった。

みんなの読んで良かった!