私と海 アルコール依存で抑鬱症状になり休職を余儀なくされた私がサーフィンに出会い立ち直った話

私がサーフィンに出会ったのは高校生になった頃だと記憶している。


姉の彼氏がサーファーで、海まで一緒に行ったのが最初だ。




当時はハマることもなく夏の週末に海に行く程度だった。




22歳の時、俳優の仲代達矢の弟子になり、仕事に集中するため一切の遊びをやめた。




その後、結婚し男の子を授かり、不安定な夢を諦めて、安定したサラリーマンになった。




その1年6ヶ月後、離婚することになるとは想像もしなかった・・・




独りになった私は酒に逃げるようになり、毎日のように浴びるほどお酒を飲みました。




常に二日酔いの状態で仕事をしていたように思います。




私はアルコール依存と抑鬱症状と診断され休職を余儀なくされました。






昼間からでもお酒をのんでしまうので、あてもなく外に出かけました。






そのなかでも神社仏閣に手を合わせることで、気休めかもしれないけど前向きになれた気がしました。




たしか、まだ寒い時期だったと記憶しているけど、休日に江ノ島神社へ行った時。




真冬の青天のなか、江ノ島から海岸沿いの道を歩いていると、太陽に照されてキラキラした水面に浮かんでいるサーファーをみて思い出した。




サーフィンやってたのに、なんで辞めちゃったんだろう・・・




またやってみようかな・・・




その一月後に、私は鵠沼海岸へ引っ越していました。




海に入るなんて何年ぶりだろう。




体力には自信があったけど、思うようにパドルも出来ず、もちろんテイクオフなんて出来る状態ではなく、何度も波にのまれ海水をのんだ。




これが、酒に逃げたツケか・・・




久しぶりに入る海はまだ冷たかったけど、心地よい疲労感だった。




その日から、逃げるための酒ではなくなった気がする。




海から帰ると、シャワーを浴びてビールをのみ食事をしたら眠くなる健康的な日々になった。




おかげで早寝早起きになり、毎朝のトレーニングを欠かさないようになり、酒焼けした赤ら顔は良い色に日焼けして、表情も明るく前向きになれた気がした。




心療内科の先生は、アルコールを辞めないと薬は出さないと言っていたから、向精神薬を飲むことはなかったし、海に入ることはとても良いことだとも言ってくれたから、仕事を休んで遊んでいる自分を肯定することができた。




人生には良いことばかりではないし、誰かの考え方を変えることはとても難しい。




それなら、なりたい自分になるように、自分の考え方を変えることなら簡単だと気がついた。




私はいま、なりたい自分や10年後の自分が、どうなりたいのか、どうすれば叶うのかを考えています。




人生は一度きり!


やらないで後悔するのは、もう辞めた!!


PS:心療内科に行って思っていることを先生に話したら、「あんた、もう治ったね‼」って言ってもらえました。


私は誰かからみたらのんびりかもしれないけど、ちゃんと社会復帰しています‼

著者の歩 タクトさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。