フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅣ

1 / 9 ページ

前編: フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅢ
後編: フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅤ

「さてと・・・警察に行こうか?」







真正面の席についた部長は詐欺師達に威圧するような低い声で声をかけました。


「どっちが悪者かしっかり警察に行って調べてもらおう。」


それが部長の決まり手でした。


部長は国内にある小さな製作会社の2代目、食品加工に使うバキュームの機械や自動でラップやパッケージをする機械の製作を主としており、小さいとはいえ、海外とも取引をしていたそうです。

アメリカに留学経験のある語学力は本人自らアメリカやヨーロッパなど交渉のテーブルに付く事も多くそれなりに英語の交渉には長けていたようでした。

いくら本物の警察官を連れてきたとはいえ、彼らのやっている行為は完全な詐欺行為。警察署に行くぞと脅せば、簡単に身を引くと思ってたそうです。



こんな簡単な事早めに終わらせよう。今日は唯一の自由行動だ、家族にお土産でも買いに出かけよう。そんな思いで奴らを一蹴したかったそうです。


「OK,わかった。それじゃ警察に行こう。そっちの若い男は悪い日本人だ。一生刑務所に入ってもらおう」


男は「かかった」とばかりに余裕の笑みを浮かべながら一緒に来た警察官にパトカーを呼ぶように指示を出しました。

カビテという町にある小さな警察署に連行されたアロハ君と部長はすこし緊張はしていました。しかし、本人は無実。その無実さえ確認できればすぐにでも釈放してもらえるものだと思っていました。



「じゃ、これ被害届け、確認して欲しい」詐欺師と一緒にホテルに来た警察官はそういいながら一枚の紙を手渡したそうです。


ペラペラの一枚の紙にたった数行の文字とポリスのサイン。どんなにタイプライターの下手な人間でも3分もあれば作れてしまうようなとても簡易的な被害届だったそうです。しかし、その内容は「未成年者にたいするレイプ」と書かれていたそうです。





「レイプ?ひろしはレイプなどしていない、だからこれは認められない」






アロハ君は保身のため、部長には何もしていないといったそうです。それを信用して部長も強気の態度をとったようでした。


みんなの読んで良かった!