盲目のばぁちゃんと私

私の家は私が小学1年生の時、両親が離婚して母子家庭となった。母は看護師をしていた為、いつも帰りが遅いので、学校帰りは祖母の家に行き、夕飯を食べてから自宅に帰った。



当時の私は、学校帰りに祖母の家に行くのが嫌だった。


なぜかと言うと、友達は学校から帰るとみんなで公園や学校、友達の家に遊びに行ったりするのだが、私は祖母に約束するなと言われていた。




(まっすぐ自宅に帰れれば遊びに行けるのに・・・)


「今日は学校で遊ぼう」


そんな約束をしている友達を羨ましく思っていた。


なぜ、祖母が厳しかったかと言うと、祖母は全盲だったのだ。私がどこかに行ってしまったら1人では探せないので、声が聞こえる所にいなければ不安だったのだ。


しかし当時、私は祖母が、目が見えないという事を知らなかった。目が見えない事を悟られないように、家具の配置や自分の部屋からリビングへの歩数、階段の段数、階段の位置、すべて頭に入れてぶつからない様に転ばないようにしていたし、学校の宿題を教えてくれたり、毎日家族のご飯を作っていたので、目が見えないとは、思っていなかった。




しかし小学校高学年になると、日々の行動から祖母は目が見えない事に気づいた。でも、私はずっと気づかないふりをしていた。


祖父も母も皆そうしていたからだ。


しかし、忘れもしない私が小学6年生の頃、ちょっとした事で


「ばぁちゃんは目が見えないんだから、黙っててよ!」


と言ってしまったのだ。


「目が見えなくても、全部分かるんだよ」


その時、祖母が見せた悲しそうな顔を見た瞬間、体から血の気が引いた。絶対に言ってはいけない事を言ってしまった。


しかし祖母は何事もなかったように夕飯を用意し、いつも通りにご飯を食べ、母が迎えに来た。


おばあちゃんの世界ってどう見えてるのだろう。


見えないってどういう事なんだろう。


自宅に帰り、目を閉じて歩いてみる。


当たり前だけど、何も見えない。


1歩・・・


2歩・・・


怖い


3歩・・・痛いっ


机にぶつかった。

今度は手を前に出して歩いてみる。

でも、何かにぶつかりそうで、すぐ目を開けてしまう。

私は学校でも、家でも目を閉じて何度も何度も歩いた。

家の階段も降りてみた。階段は、もう終わりと思っていたのに階段があって転んだ。

何度も何度も転んだ。

普段何気なく生活していたけど、祖母にとって危険な場所がたくさんあった。

ばぁちゃんの世界ってこんなに大変で怖い事なんだ。

それなのに、私はばぁちゃんに絶対に言ってはいけない事を言ってしまったんだ。

私は、何度も祖母に謝ろうと思った。

けど謝ってまた、祖母の悲しい顔を見たくないと思った。

私は謝らず、自分に出来ることを考えた。

目を閉じて危なかったと思ったことをノートに書き出した。

祖母が通る時は、必ず椅子を引く

祖母が通る足元には、物を置かない


それから、私は学校帰りに遊びに行きたいと思わなくなった。

そのかわり、祖母と近くのスーパーに買い物に行くようになった。

「足が痛いんだからしっかり捕まってね」

って、何度も祖母に言って歩いた

初めて2人で行ったスーパー。近くだったけど、今でもすごく嬉しかった事を覚えてる。

私は、中学、高校、結婚、出産、離婚・・・・

いつでも、祖母は私の傍にいて、たくさんの相談にのってくれた。

私が就職して5年、前から計画していた祖母と3歳の娘で北海道旅行に行った。

出発1週間前に祖母に伝えると祖母は泣きながら喜んでくれた。

この頃、祖母は足を悪くして広い空港は歩けなかったので、空港で乗り降りは車椅子を用意してもらった。

初めての飛行機。祖母は

「外の景色を見たいから窓側がいい」

と言って、ずっと窓の方を見ていた

北海道では、観光タクシーを利用してたくさん観光した。

祖母の嬉しそうな顔を見るとすごく嬉しい。

大好きな祖母は現在89歳

たまにコンサートを見に行ったり、温泉に行ったりしています。





















著者のS ゆうさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。