ペパボの創業に参加するきっかけ

次話: ロリポップ!の成長

ボクは新調したばかりのVAIOを使い自分のサイトをいじっていた。閑古鳥の鳴く、今思えばそれは痛々しいインターネットだった。それでも、公開する楽しさ、誰かが掲示板に書き込んでくれたときの喜び、500と書かれたページを直すのに格闘した日々を思い返すと、あれはあれで青春の一ページだったのかもしれない。


そんな、就活もせずバイトとインターネット漬けの学生時代を送っていた日々を、そろそろ強制終了させないといけないはずの、ある日のことだった。


デスクトップ上でメッセンジャーが「ピコン」と音を立てた。いつもメッセをしている友達からの通知だ。最近の彼は忙しそうにしていて、アダルトビデオやゲーム機を返してもらってないけど、ネット上でのやりとりは変わらずに続いている。


 坊主:健太郎もう卒業でしょ。

 ケンタロ:そだよ

 坊主:今度大名に会社つくるけん、遊びにおいで

 ケンタロ:おー

 ケンタロ:すごいね

 坊主:人増やしたいからバイト来て。セグウェイ買ってあげる

 ケンタロ:ホント?いくいく

 坊主:とりあえず今度社員になる人達で御飯たべるから

 ケンタロ:はーい

 坊主:じゃおやすみ


まさか、これだけのやり取りで人生が左右されることになるとは、その時のボクには想像するなんて不可能だった。


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

ロリポップ!の成長

著者の佐藤 健太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。