病気は未来からやって来る

  「病気は未来からやって来るものだ」、となぜか私は昔から信じていました。過去の原因だけで病気は発症しないと。もしそうでなかったら、病むことの意義がなくなってしまいます。

哲学者アリストテレスは、ものごとが存在するためには4つの要因が必要である、と考えました。うつ病にこれを当てはめると、少々アバウトですが、以下のようになると思います。

1、もともと、うつ病になりやすい気質、体質を持っていた。その人がたまたまストレスの多い、あるいは孤独な環境にいた。(資料因 material cause)
2、そこへ、辛い出来事、ショックなこと、体の病気、引っ越し、そして結婚や出産などのハッピーなことも含めて、いくつものストレスが蓄積されていった。(作用因 efficient cause)
3、蓄積された精神疲労により脳細胞間の信号伝達に異常が生じ、抑うつ、やる気の低下、疲れやすさ、その他の身体症状を伴う「うつ病」になった。あなたがこのような症状に苦しむのは、うつ病がそういう病気だから。(形相因 formal cause)
4、最後に「目的因」。○○のためにこの人はうつ病を患った。例えば、「家が建ったのはそこに人が住むため」「雨が降るのは植物が育つため」など、自然発生的に起こることにも、人為的に行われることにも、必ずこの「目的因」があると、アリストテレスは考えました。

目的因は英語でfinal cause ラテン語でcausa finalis。
うつ病を患い、うつ病とともに生きること。そこにも必ず、この目的因があると私は思っています。しかし、残念ながら、病気のただ中にある時、私たちの目には目的因が見えません。病気が治った後でさえ、何のために病んだのか解らないことも多いでしょう。でも、病気には必ず、その人の個人的な目的因と、人類全体から預けられた目的因が存在していると思います。

つまり、「将来こんな人になってこんな使命を果たしたい」、という願いを、あなた自身の潜在意識がすでに持っていて、そのために必要な経験として、今病気になっている、ということ。一方で、「あなたには人類のため、社会のために、将来こういう働きをしてほしい」、という、み~んなの潜在意識からのお願いがあって、その仕事ができる力をつけるために、今、どうしてもこういう苦しい経験をしなくてはならないから、病んでいる。もちろん、あなたのお願いとみんなからのお願いは、一致しているはずです。

「病気は未来からやって来る」というのは、こういう意味です。

みんなの読んで良かった!