謂れ(いわれ)のない攻撃にどう立ち向かう?

1 / 3 ページ

長年エンジニアを務めていた松本勇政は今年からフロントスタッフとして、キャリアアップの道を辿っていた。


いわゆる、ジョブ・ローテーションというやつだ。しかし、良いことばかりではない。


松本は慣れない顧客対応に苦しんでいた。

望んでもいないローテーションだったため、 松本は特に苦しんでいた。


この日もこんなことがあった。


「おい!製品に不具合がでたぞ!こんな製品もまともに扱えないなんてどいつもこいつもポンコツかよ!」


「こっちは仕事が忙しいのにどーしてくれるんだ!製品が使えなきゃ人も使えねーな!さっさと直してくれ!」


顧客から浴びせられる容赦のない罵倒。

松本は度重なる罵倒をうまく対処することができず、この仕事は自分には向いていないのかも。と、すっかりと自信をなくしてしまっていた。


きっと僕には向いていないんだ。僕が使えないフロントスタッフだから、こんなにお叱りを受けるんだ。もっと使える人ならこうはならないんだろうな。


すると、そこへ先輩社員の田所が声を掛けてきた。


「松本、元気ないな。何かあったか?」


田所は同じエンジニア上がりの先輩フロントスタッフだ。


「実は自分はこの仕事に向いていないんじゃないかと思って、辞めようか悩んでいるのです。」


「ほう。なぜそう思ったんだ?」


「お客様から寄せられるお叱りに、自分には向いていないんじゃないかって…」


「ははーん。なるほど。松本、お前もしかしてお客様の罵倒がすべてお前に向けられたものだと思っていないか?」


「はい、違うんですか?」


「全然違うよ。実は俺もな、フロントスタッフになりたての頃は、お前のように毎晩毎晩落ち込んでたものさ。」


「えっ?田所さんもですか?」


「あぁ、そうだよ。だけどな、ある日突然、お客様の罵倒は自分に向けられているものではないということに気がついたんだ。


お客様はただ持っている怒りを吐き出したくて、その勢いでついつい人格のことまで罵倒してることもあるんだよ。


言ってる本人は気づいてないからタチが悪いけどな。」

みんなの読んで良かった!