ぎょぎょぎょ!

イヤイヤイヤ

わたし…

滅多にみない様な、不っ思議ぃ~な、夢を見たのです…。


実はここ数年、通常覚えてる夢は何故か、90%は働いている夢なんですわ…(*_*;


それもいつも仕事は違えど、バタバタと時間に追いつめられ、小さいグループを仕切ってる?チーフ?(笑)みたいな…


一番最近のは、氷の彫刻?みたいのを制作するのをグループで競ってるらしく、あぁ~もうあと数分しかないぃ~!…


オイ!

あっこの新人坊主は、何しとるんじゃい!

動けっ!

働くんじゃ!!


セカセカセカ…ハァハァハァ…ウグウゲウゴ…


はぁぁぁ!

やったぁぁ!


間に合ったぁ~♪

何位だっ?


みたいな?(笑)


だから目覚めた時は、なんだか疲労困憊…

いつもヘロヘロ気分

はぁ~ちかれたぁ~なんです(>_<)


なんなんざましょ?寝て疲れるって…。


ところがですよ

昨夜?

丁度私が◯1歳を迎えるか迎えないかな?、な微妙な刻…


妙~な夢を見たのです…(..)


わたくし、まばゆい光のなかに立っておりました…。

誰かが何かを言ってます。


すると…

私の身体から、塵のような黒い小さなものが無数に吹き出します…


そして気づくと、今度は私の胸の気管支と肺の間くらいのところに何故かある、黒い黄金虫みたいな、石のような塊を、銀のヘラみたいなので誰かが、ほじっているのです。


少し手間取ってます…


がんばれー!


ほろっ…

とっ取れたぁ~!

その黒い石のようなモノは、目の前の光の穴に吸い込まれて行きました…


そして…

「ずっと身体を縛っていたものは、全て切ったからもう、大丈夫~これからは全て自由だよ…」

…と言う声が…


見ると身体中に絡まってた、網目のピアノ線状の透明な糸が、ブチブチ切れていて、四方に散って行くのです。


あぁ~

もう~大丈夫なんだぁ~…

良かった~


…って、えもいわれぬ幸福感が…


はぁぁぁぁぁ

気持ちいいぃぃぃ~(≧∇≦)


物凄い寛いだ、歓喜ダダ溢れた気分で目覚めたのです…

暫くは恍惚としてました…

こんなの初めて~(//∇//)(*´∀`)


でも本当に驚いたのは…

それから数時間後…


私、ここ3日前くらいから、二重顎にきく?(笑)

…とか言う「顔ヨガ」とやらを、思い出した時にやっていたんです…(笑)


口を思いきり尖らせて、頭を後ろに反り返し、「うぅぅぅぅぅ」と声を出し続ける…ってヤツを…(笑)


ところが長年痛め続けてきた肺も、気管支も、そう~思うように働いちゃくれません…

ソウ、息が続かないです…(TT)


ところがです!


至福の夢を見た数時間後…

ふと思い付き、「うぅぅぅぅぅ~」といつものつもりで始めたら…


えっ?

うん?

嘘っ!


続くのです!

息が!

ずっ~と!!


えっ?

もう一回!


続くのです~!


そう~

目覚めた時から、全身の関節が緩んだ感じ…

とにかく軽やかな感じはあったのですが…


ウン?

もしや?

と思い、最近なんだかリンパも詰まって、あちこちパツパツ感半端なかったのが、妙に軽やか?


試しに数日前、背中を掻こうとして、全く届かなかった、動かなかった腕を、背中に回したら…


うっそっ!

ぬぁんと

するりと回る~!


何コレ?


あんまりビックリしたんでF子に言うと…


あ~たの神様が、悪いの取ってくれたんよ~!


いいなぁ~私50肩、もう半年治おらないのに~!

ですって(笑)


でも、そう

なんだろか?


これ、いつまでもつんだろ?


ホントに神様の御加護??







みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。