介護嫁のぼっけぇ毎日 最期の晩餐?

明日の午後、入院する熊さん。

手術後は、しばらく普通の食事ができないと思うので、家族で最期の晩餐を・・ということで、熊さんに何が食べたいか尋ねると

熊さん
焼肉!

確か、この人、食道に腫瘍があるんですけど・・・


長男 太郎が美味しい焼肉屋さんをリサーチして予約を入れ、家族そろって最期の?食事に出かけました。


実は、太郎と熊さん。前年の11/30に殴り合い寸前、物が飛び交う大喧嘩をしまして、それからいっさい口をきいておりません。


誰がどう聞いても悪いのは理不尽な熊さんなのに、謝りもせず、罵声を浴びせ、太郎にお茶をひっかけた熊さん。太郎が激怒したのはいうまでもなく・・・その後二人の関係は修復できず、今日のこの日を迎えたわけです。


数日前

おじいちゃん、焼肉が食べたいんじゃって。みんなで食べに行くから太郎も都合つけてよ。
太郎
僕は行かん!

って私を困らせていたのに、昨日

太郎
明日の焼肉は○○に予約しといたから

予約なしで近所の焼肉屋さんに行こうと考えていた私はちょっとビックリ!

太郎のぎこちない気遣いにちょっと感激!


当日、ハナに一杯だけビールをついでもらって、バクバク焼肉を頬張る熊さん。

太郎は相変わらず無言だったけど、最期に?家族みんなで食事ができて、いい思い出ができたよね。

思い残すことないよね。

帰りの精算の時、私が支払いを終えたのを確認してから

熊さん
おい!なっちゃん!なんぼかかったんな!

・・・そこはね。「ごちそうさまでした」って言うところなんだよ。


今さら、礼儀や常識を教えても仕方ないから、もういいけどね。


明日からの闘病生活、頑張ってくださいませ。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。