~風に吹かれて~ (日本一周その57)

1 / 5 ページ

 


 


~風に吹かれて~


 


(日本一周その57)


 


 


今朝は 誰かの 話し声で 目が 覚めた


東京から 来た 男性と 札幌から 来た


2人が 旅の 事で 雑談を していた


取り留めの 無い 話


そう 感じていた


 


 


その 囁くよな 会話で 目が 覚めた


でも まだ 他に いる 2人は 夢の 中に いるのか


すやすやと 寝息を 立ててる


 


 


東京から 来た 男性と 札幌から 来た 男性は


交通機関で ここまで 来たらしく


互いに その 経緯を 話し合って いた


そして ボーッと 窓の 外を 見てる 俺に


旅の 話を 聞いてきた


 


 


結局 3人で 旅の話で 盛り上がって いると


朝食の 案内が 来て 


俺たちは 布団を 片付け


憩いの部屋へと 降りて いった


 


 


女性の 客は もう 全員揃って いて 配膳を


手伝って いた


 


「ご飯は 各自 好きに よそってね」オーナーの


 


奥さんが 言う


思わず 山盛りに してしまう 自分が いた


 


 


ここは 半セルフな 宿だった


手伝えるなら 手伝って と言う 感じで 誰もが それを


当たり前だと 思って いた


宿と 言うよりかは 寮 そんな 宿だった


 


 


食事の 時間に なった


よく みんな 朝から これだけ 笑えるのかと 言うくらい


賑やかな 朝食に なった


 


 


たまには バイクで 行動してる 連中から 離れて


色々な タイプの 旅人と 話を するのも 面白いと


思う 朝 だった


 


 


朝食が 終わると 各自 荷物を まとめ 旅立つ


準備に 追われていた


 


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。