You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 3

2 / 4 ページ

彼のそんな言葉には、




「間違いを恐れないで」




という意味も含まれていた。





そんな、自己嫌悪と夢うつつのトルネードな毎日。








ある出来事が起った。







「今夜は出かけるよ!」と、彼。






「どーせフィッシュ&チップスを食べに行く位やろ~?」




と、可愛くない返しの私。






"wait and see ;)"

(見てのお楽しみ☆)




といたずらな笑顔を浮かべてくる。





夜になると、Danの友達のPhilipがドレスアップして現れた。





彼と話しているうちに、




Danも、Danパパもパシッとスーツに着替えてた。





「どこ行くの?」と尋ねるも、ブリティッシュ無視!







Philipに尋ねるも、



「教えると、俺殺されちゃうんだ☆」



と、ウィンクして舌をペロリと出された。(古典)






車に乗り込み、丘をずんずんを登る。





見なれない風景に、





だんだん不安が押し寄せる。






よく考えてみたら、この旅は幸せすぎた。





普通の大阪の女子高生がこんないい思いをできると思っていたことが間違いだったんだ。









ヤ マ ニ ス テ ラ レ ル 。



著者の佐々木 唯さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。