息子が不登校になったら、親父の悩みが解消した話その4

1 / 4 ページ

そんなある日

そのウクレレ教室で、クリスマスのイベントがありました。

そのイベントがやたら楽しくて、その夜は眠れなくなり

翌日の早朝、近くの公園でウクレレを持ってそのまま一人ライブを開催しました

その気持ちいいこと!

年末の早朝は相当気温が低く寒かったのですが

自分の中が熱気がありすぎて、いてもたってもいられない状況になっていました。

また、不登校について書いた本にも出会い

子供の願いは「親が楽しむこと」と書いてあり

半信半疑でしたが、実験で

「親が楽しんだら、子供がどうなるか?」

を実践してやれ!という気持ちになりました。

ある意味、不登校に対するネガティブさがポジティブな

受け取り方に変わってきました。

また、ある日

そのウクレレ教室のイベントで、卒業式にゲストで呼ばれ

卒業生のための演奏をさせていただく機会があり、参加してみました。

その帰り、打ち上げで参加メンバーの自宅で飲み会があり

行ってみたら、思っていた以上に楽しい雰囲気で

みんなの読んで良かった!