介護嫁のぼっけえ毎日 実家と熊さん

今日は、実父の七回忌法要でした。


熊さん・・・6年前の私の父の告別式の日から私の実家とは絶縁状態になっています。


お通夜の会食の席で、九州から来た私の叔母の手作りのお漬物をバクバクと食べる熊さんに、私の母が

「塩辛いからあまり食べ過ぎると血圧にさわりますよ」

と声をかけ、お皿を遠ざけたら

熊さん
ワシには漬物を食べさせん気か!

と大きな声で怒り出し、母を侮辱した暴言をさんざん吐いて、怒って途中退席した熊さん。

オーマイゴッド!


親戚中にドン引きされ、立場をなくした私。情けない思いでその修羅場をごまかすしかありませんでした。

翌日の告別式の最中、私の隣に座っていた母の手が小刻みに震えているのを見て、夫を亡くした悲しみで震えているのだと思っていたら、熊さんへの怒りで震えが止まらなかったのだと・・・

そんなこんなの最悪な出来事が尾を引いて、実家サイドは熊さんとは一切関わらない方針でいくことに決めたのです。

私は両家に挟まれ、居心地の悪い思いを幾度となく乗り越えて現在に至っています。

今回も

熊さんに実家の法事を告げることが苦痛で、どうやって家族を連れ出そうと悩んでいました。

けど、この度の熊さんの脳の不具合のおかげで、理解度が曖昧な時にサラッと報告したので、熊さんの不機嫌を回避できたと思っていたんです。

ところが・・・今日法事後に面会に行った時

なつこ
実家の七回忌の法要に行ってきたから。そちらのおとうさんにもよろしくってお返しをもらっとるからな

(一応、私の面子もあって熊さんの名前でお供えを用意して行きました。)

と伝えると

熊さん
おー・・なっちゃんの実家からのお返しか・・・処分しとってくれー・・・

んだとー!私にむかってしゃあしゃあと!!!(怒)

やっぱり!私!このジジイが大嫌いです!!(怒)



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。