耳の痛い意見

1 / 3 ページ

「ごめん、はっきり言わせてもらうけどさ、このやり方じゃうまくいかないと思うよ。いつも言っているけどさ、君がやりやすい場所ではなくて、やりにくくてももっと君のコンテンツを見てくれる場に行って、アピールすべきだと思うよ。それが、例え慣れないところだとしても。とにかくいいからさ、一度やってごらんよ。」


あぁ、憂鬱だ。いったい高野はどういうつもりで意見を言ってくるのだろう。あそこまではっきりと言われると苦痛でしかない。僕には僕なりの考えややり方があるというのに。高野は僕が夢を追いかけることを諦めさせようとして、人を傷つける意見を言ってくるんだ。ずっといいやつだと思っていたけど、少し距離を置いたほうがいいのかもしれないな。


笹津吉竹は自身の絵に色を入れながら、ブツブツと呟いた。


僕はビジネスマンとして働く傍ら、アーティストとしての夢を追いかける30代前半の男だ。忠告をした高野竜一とは学生時代から付き合いのある友人で生意気にもビジネスで少し成功を収めている。前からはっきりというやつだったけど、ビジネスに成功し始めてからますます好き放題言うようになってきた。自分が少し僕よりも早く成功したものだから先輩風を吹かせて、忠告なんぞしてくるのだろう。はっきり言ってありがた迷惑だ。おかげでせっかく上がっていた熱意がしゅんと萎んでしまった。また取り戻さなくては。


笹津の筆が止まる。

描きたいと思っていた熱意がどこかへ飛び去り、代わりに雑念だけが、笹津の心を支配する。このような状態ではまともに集中できたものでは無い。笹津は持っていた筆をおき、考えにふけった。


今まで僕は自分一人で問題を解決してきた。他の人の意見など特に必要ない。


他の人は皆いい感じだと褒めてくれる、高野だけがそれはダメだと言ってくるだけだ。僕は自分のやり方が気に入っている。自分が上手くいっているのであればそれでいいではないか。


とはいえ、期待した以上の成果が出ていないことも事実だ。長い間、自己成長のために鍛錬を重ねてきた割には、どういうわけか成果は今ひとつだ。ここまで多くのことをやったのにも関わらず、思うような成果が出ないのはやはり何か問題があるのか?これだけやっても効果が出ないのは明らかにおかしい。何か理由があるはずだ。


考えを巡らせていると高野から言われた言葉を思い出した。


いや、まさかな。そんなことはない。自分がやりにくい慣れない場で発表したところで良い結果が得られるはずがないでは無いか。惑わされるな、もっと別の要素が何かあるはずだ。まだ努力が足りないのだ、きっと。


邪念を振り払うように笹津はまた絵を描き上げることに集中した。



数週間が過ぎ、笹津は絵を描きあげた。この作品は笹津も納得する出来栄えだった。

今まで描き上げてきた中で最高の傑作だったので、笹津の心も自然と湧き立っていた。


笹津は仲の良い友人にお披露目をした。完成後にお披露目するのは恒例の行事だ。

笹津の友人も興奮する笹津の説明に心を打たれ、これは良い評価(金額)になるだろうと本人同様喜んでいた。ただ一人、高野を除いては。高野は出来栄えは褒めていたもののその表情は明るいとは言えないものだった。他の友人が「良いと思うけど?」と言うも苦言を呈するのみであった。


笹津は高野のことなど気にする様子もなく、いつものように絵の出品準備に取り掛かった。


だが、笹津の期待を裏切るかのように市場の反応はまぁまぁといった具合に収まった。これまで出品してきた作品とあまり大差はないように思えた。

この結果に笹津は落胆した。自分にとって最高の出来栄えであったため、余計に痛みを感じてしまったのだ。


早くこの道を進めていきたいのに。

少しも前に進まないことにイライラと苦しさが積もる。 


一体どうしたらいいんだ。だけど、自分のやり方でやるしかない。他の人は褒めてくれているんだ。いつも努力していてすごいねと言ってくれている。このやり方で間違い無いはずだ。もう少しなんだ。もう少し努力を重ねていけば、必ず成果は出るのだ。切り替えよう。次だ、次。



しかし、一向に成果が上がらないまま、時だけが過ぎ笹津は精神をどんどんすり減らしていた。

やっぱりダメなのかもしれない。という思いが笹津の頭を支配しはじめた。

みんなの読んで良かった!