産後太りのまま、ママライフ。笑顔は自分じゃなくて相手へのプレゼント。幸せな人は意地悪しないという話を江原啓之さんの本で知った話。

後編: 地元の温かさ。ふるさと。千住クレイジーボーイズのドラマに泣いてしまった話。~NHK BSプレミアム大好き奥さん~

 20代、30代と年齢があがるにつれて代謝が悪くなるとは言っても、スポーツしてきて全身筋肉質、または体質、食事に気をつけていれば体型は維持できるのに、産後、すっかり油断して体型が戻らないまま、ママライフが始まりました。


 自分が太って、すっかり自分に自信もなくし、人の目や断られることにも体型のせいかなと思ってしまったりと、落ち込むことがありましたが




 柳原可奈子さんや、渡辺直美さんのように太っていても卑屈にならず、女を捨てず、可愛く愛嬌があればママ友も出来る、と自分を奮い立たせてスタートしました。


 自分の気持ち、価値観なので、相手が意地悪でいっていたのか、ただ思ったことをズバズバいう毒舌な人だったのかわからないけど、自分が傷ついた状況や言われたことは忘れないようにして、自分はしない。江原さんの本で「幸せな人は意地悪しない」と書いてあって、まさにそうだと思いました。意地悪した瞬間に、意地悪した相手より自分はみじめだと言っているようなものなのだと。




 帝王切開の傷のある段階でスタートし、痩せやすい産後3か月にハードな筋トレして傷が痛んだり、夜中に授乳中の乳首が切れた状態で無理して授乳して、痛みで脳貧血と貧血で気を失って救急車で運ばれてしまったこともあり、独身時代のような無理なダイエットはできませんでした。


 あとは、授乳中、おなかがすくので本能のまま食事をしていたのも良くなくて、授乳するだけで700カロリー消費していたものが、授乳をやめて、授乳中の食事の量で継続すると700カロリーオーバーであっという間に太りました。


 簡単に太って痩せられない!簡単に痩せるのは20代まで。


 それでも私はまだ諦めていません。

 絶対に元の体型に戻ろうと思います。


 産後太りのママのみなさん、諦めないで一緒にがんばりましょう。諦めません、出来るまでやるのみです。


続きのストーリーはこちら!

地元の温かさ。ふるさと。千住クレイジーボーイズのドラマに泣いてしまった話。~NHK BSプレミアム大好き奥さん~

みんなの読んで良かった!