30 min read

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

Picture?width=400&height=400
著者:
須田 仁之
1 / 10ページ


僕の職場は「戦場」でした。


毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていました。


その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、朝から晩まで全く息が休まることはなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「労働者たちの”人熱”の集合」みたいなものでした。


現場は常にギリギリの戦いを強いられて疲労困憊していました。


「おい、この件、どうなってる?担当の●●はどこいった?」


「(連日の徹夜で)さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。携帯も繋がりません!!」


「ふむ、そうか」(しょうがない、かまってられない、進むしか無い)


みたいな会話が日常に行われていて、労働問題が叫ばれる昨今(2017年現在)ではあり得ないセカイでした。


===========


2000年前後、当時ソフトバンクグループは既に日本を代表するインターネット企業に上り詰めようとしている頃で、グループ社員数は数千人を越えていたと思います。それでも本社ビルはまだ日本橋箱崎町にある約20階建ての決してオシャレとは言えない昭和感な中規模オフィスビルでした。


僕は当時26歳。ソフトバンクが筆頭株主で事業推進していた衛星放送事業の立上げに携わっていました。JSKYB株式会社というソフトバンクと世界のメディア王「ルパード・マードック」が作ったジョイントベンチャー企業で、その後、ソニー、フジテレビが出資し、さらに日本の商社連合(伊藤忠、三井物産、住友商事ほか)が作ったパーフェクTVという会社と合併して、「スカイパーフェクTV」いわゆる「スカパー!」という名前で衛星放送事業を展開していた。


僕はその「スカパー」の経営企画部門で社会人2〜3年目のペーペー時代を過ごし、お台場から渋谷にオフィス移転したりしてて、比較的オシャレな場所でハードワークな若手時代を過ごしていたのですが、ソフトバンク派閥の上司から半ば拉致されるような形で、日本橋箱崎町への勤務変更を余儀なくされた。


===========


最寄り駅は当時の半蔵門線の終点駅である水天宮前というところで、普通の社会人が人生で降りたことがないであろう駅だった。乗り降りする人は渋谷やお台場と比べると何となく冴えないサラリーマンばかりな印象で、地下鉄から地上に登ると真上に首都高速が通っていて日陰になっていて、昼間であっても駅周辺は灰色をしていてとても暗い雰囲気だった。


その暗い駅の直ぐそばにあった、薄青色でこれまたそんなにセンスいいとは言えないオフィスビルがソフトバンク本社ビル。



「クッソ、ださいビルだなー。これまでの社会人史上最悪な場所かもなー」



新卒から西新宿の第一生命ビル、台場のフロンティアビル、渋谷のクロスタワーと当時の「イケてる風」ビルに勤務していた自分にとっては、何とも言えない雑居感。


その雑居ビルの5Fの一室が僕の新しい職場になった。ソフトバンクと光通信のジョイントベンチャー、という今考えると「ITバブル天然記念物」のようなソフトバンク子会社だった。スカパーのマーケティングを支援する会社だった。ソフトバンク、光通信ともに株式市場をブイブイ言わせている頃だった。


会社が立ち上がって半年そこらで、社員5名ぐらいだった。2つ年上の僕のスカパー時代の直属の上司が取締役COOとして会社を取り仕切っていた。


===========