Obesityー肥満

1 / 4 ページ

Obesityとは英語で「肥満」のことである。

私の半生は「肥満」が原因で天国と地獄の両方を経験することになる。


生まれたときは巨大児だったわけでもなく、いたって普通・3000g健康優良児。

両親は日本人の平均的体型、若い頃は美男美女。

そんな父と母の良いところを受け継いだ長身でモデル体型で美人な妹は、私が勝手に応募した「国民的美少女コンテスト」でモデルエージェンシーの目にとまり中学の時からティーン・ファッション誌で活躍していた。

そんな華やかな妹とは正反対の私。

私といえば毎食ご飯お茶碗3杯は軽く平らげ、おやつも大好き。

確実に周りの子たちよりもぽっちゃりして、それはそれはよく食べた。

美味しいものを食べることが大好きなまん丸い食いしん坊な子供だった。


初めて会う大人の人たちに妹は「かわいいねえー」「大きくなったら美人になるよー」といわれ子供の時からチヤホヤされていたのに、私への言葉といえば「体格がいいねえ」「よく食べるねえ」・・・

繊細な私は子供ながらに、この明らかな見た目差別にとても傷ついていた。 

朝目覚めたら、美しく痩せていて素敵なドレスを着ていて、みんなに「可愛いね!」「モデルみたい!」って賞賛されまくって喜んでいるっていう妄想をたびたびしていた私。

学校では、明るく面白おかしく振舞っていたから、みんなの人気者だった。子供時代って、大人基準の「醜美」よりも「楽しい」「面白い」「わくわく」の感覚で物事を選ぶことが多いですよね?

「太ってるから」という理由でクラスでいじめられたことはなかったが、やっぱり、平均より太った子豚みたいな醜い肥満体をものすごく気にしていた。

そんな私のダイエット初体験は小学3年生。

母にねだって健康食品「マンナン・ライフ」を買ってもらった。こんにゃくから作られたパウダーを食前に飲むと満腹感が得られ食事の量が少なくなるという物。しかし結果、ぜんぜん効果なし。満腹感もあまり感じなかった。楽して痩せるなんてそうは問屋が卸さなかった。

肥満の私をかわいそうに思った母は夏休みに肥満児用の短期集中ダイエット合宿プログラムに入ったら?と提案してきた。しかし、運動が大嫌いなのと、知らない人と一緒にすごすのに抵抗があった私はこれを断固拒否。 

そして、小学5年生のとき雑誌の通信販売が目にとまる。いかにも効果ありそうな商品!「痩せるマッサージ器」の広告だ。海藻から抽出されたエキス配合のムースを気になる部分に塗り、L字型のマッサージ器(普通のバイブレーション)をあててマッサージするとその部分の脂肪が燃焼されるという。痩せたいがために必死だった私は痩せる効果の全くない詐欺誇大広告に騙され、購入してしまう。

楽して痩せるなんて虫の良い話なんかないのに。。。


中学時代はブラスバンド部に所属。バリトン・サックス担当。

しかし文化部なのでいっこうに痩せる気配なし。

このころになると「体型なんてどうでもいいや」となげやりに。

「外見じゃないよ!中身が大切なんだよ!」

と開き直り。

人より太っていたことで良かったこともあったしね。

すっごい力があってケンカが非常に強かった!背筋力とか握力とか確かものすごかった。

誰にも負けない自信があったし、いじめは皆無だったね。

中三の時は食欲が異常で給食は登校拒否のクラスメートの分、2人分食べていた!だから体重も増えてしまい、この時の体重は100kg近かった。中一で65キロくらいだから3年で30キロ以上増えた。身長もぐぐん~と伸びて165cm。

学校の友達が大好きで毎日学校いくのが楽しくて「デブキャラ」を謳歌した中学時代であった。

そして巨体は高校入学。

お年頃の私は、初恋をする。好きだったあの男子を振り向かせたくて、本気ダイエットの一大決心。

友達から借りた「あなたは永久に肥満から解放される」YOU CAN BE FAT-FREE FOREVER

という翻訳本を読み、そのダイエットを実行。

そのダイエットは水を1日2リットル飲み、高蛋白、低炭水化物の食事を取るもの。(現在のローカーボ・ダイエットに近いもの。)

3年間でなんと100キロから48キロへと50キロも大幅減量!!小さい子供二人分!

中学の同級生や学校の先生もそりゃもうびっくり!

最低体重48kg(身長165cm)モデル体型になる。

ずっとあきらめてたダイエットだったが、「私だってやればできるじゃん!」と大喜び。自分に自信がつく。

痩せたことで胸はなくなったが、妹の服が着れる様になり、靴のサイズも小さくなり、足幅が広く甲が高くてはけなかった靴が履けるようになった。

みんなの読んで良かった!