クラスの平和を守っていた話

1 / 5 ページ

最初に断っておきますが、良い話ではないです。告白です。

クラスの平和の話の前にまず、学生時代のわたしの立場の話をさせてください。

学校のクラスには、役割というものが存在します。

ウェイ系、運動部系、オタク系、真面目系、いじる側、いじられる側、その他諸々。

わたしは、いわゆるバランスを取る役でした。わかりやすく、以下ではバランサーと言わせてください(笑)

気弱で、中身がなく、人の顔色ばかりを窺い、それでいてそのことを隠すのが非常にうまい人間がよくなるポジションです。空気のような人間で、誰かの親友になれることは少ないですが、かわりに嫌われることも稀です。

バランサーがいるといじめは起こりにくいです。長年バランサーを務めているわたしがいうのだから間違いないです。なぜなら、バランサーは人知れずクラスの平和を守っているからです。

嫌われる子というのはどこにでもいます。それは、その子の特性上どうしようもないことです。周りと合わない、周りの我慢ができるレベルを超える、なんというか、人間関係を築くうえで、需要がないんです。今、すごくひどいことを言っています。申し訳ないです。

それがいじめに発展しないようにする、それが、バランサーがしていることです。マジです。どうするのかというと、その子の友達ポジションを維持するんです。その子が悪口を言われそうになったり、仲間外れになりそうな雰囲気になったら、「そっち側」へ付かないようにします。悪口をそらしたり、いじめられそうになっている子と仲良くします。すると、バランサーは嫌われにくい人間なので、「そっち側」の子たちも、なんとなくやめます。ちなみにバランサーは、自分がいじめられるという発想には至りません。なぜなら、人に嫌われない人生を送ってきているからです。

なぜバランサーがそんな慈善事業的なことをするのかというと、それはただひとつ、気が弱いので、だれからも嫌われたくないからです。いじめられそうなその子にさえ、嫌われたくないのです。

このようにして、わたしは小学校から高校まで、バランサーを務めていました。

相槌だけがうまい、中身のない子供でした。

小学校の時に、クラスで嫌われていた気の強い子に「あなただけが友達。」と手紙で書かれたり、中学校の時に、クラスで嫌われていた空気の読めないあの子に、「あなたがいるから学校に行ける。」言われたり。そういわれることに、特に何の感情もわかないような子供でした。むしろ、少し困るとさえ、しかし、それでいてどこか優越感を感じるようなさみしい子供でした。

みんなの読んで良かった!