カルト教団の信者であった母親の思い出

1 / 9 ページ


私は約40年間という長きに渡って、精神的な世界を相手にただ1人でずっと戦ってきた。


精神的な世界と言っても、教団にいた頃の自分にとっては、生きるか死ぬかを意味するほどの現実的な世界そのものだった。


たとえ、その世界がカルト思想によって形作られた世界観であったとしても、それが自分たちが生きている世界の全てなのだと信じ込んでいた。


その戦いは私がまだ物心のつかない頃、3歳の頃から始まった。


それはちょうど母があのカルト教団 「エホバの証人」の信者と勉強し始めた時期だった。


当時の我が家は、父がずっと単身赴任で不在の中、母が1人で幼い二人の我が子の子育てに奮闘していた。


そんな母はいつも何かに不満を抱えて苛立っていた。機嫌の良い時はほとんどなかったように思う。


なぜなら、そんな時があれば、子供だった私たちは幼いながらも、機嫌の良い母に対して、逆に違和感を感じていたからだ。子供たちは母の存在全てが恐怖だったので、時折見せる母の笑顔さえ怖がっていた。


母の日々の苛立ちは、日夜、か弱い二人の子供たちに向けられ、体罰に形を変えてぶつけられた。子供たちにとって、家庭は憩いの場ではなく常に拷問を受ける場所だった。


だが、その母もまた本当の愛情を知らずに、自分の親から育てられたきたのだろう。血は争えないものである。


そんな拷問で満ちる我が家という世界に、ある日、あの不気味な笑顔を浮かべたエホバの証人たちが入り込んできた。


だからと言って、我が家に平和が訪れたわけではなく、自分たちにとっては母からの拷問がいくらか形を変え、理論武装されてさらに長期化しただけだった。


エホバの証人になる前の母には、いわゆる世の友人、非信者の友人が数名いたので、たまに、ではあったが、その友人宅に母と妹と三人で車で出かけることもあった。


そこで幼い私は、初めて母と同世代の女性をじっくりと間近で観察することになる。


その時、私は普段の母親に漂っている「怒りの雰囲気」とはまるで違う、母の友人たちに漂っていた「優しい雰囲気と物柔らかな物腰」にとても感動したことをよく覚えている。


また、その時、友人の前で体裁を取り繕い、作り笑顔を振りまいていた母の醜い姿もよく覚えている。


子供ながらに、私は、自分の母とその友人たちとは持っている「心が違うのだな」と直感的に把握していた。


だから「母にあの友人のような物柔らかさを求めても無駄だ」と諦めてもいたのだ。


また、その友人宅にいる時だけは、私がある程度、好き勝手に振舞っても、怒られることはなかったので、自宅にいるよりもずっと安心し、とてもリラックスして振舞っていた。


だが、あまりに気分が良くなってしまったためか、普通以上にはしゃいでしまった私は、母の友人の大切にしていた私物を壊してしまった、という記憶がある。


その時、その友人は「子供のすることだから仕方ないわよ」とすぐに快く許してくれたが、母には、帰りの車内で酷く怒られてしまい「そんなイタズラをして、私の友達に迷惑をかけるぐらいなら、もう二度と連れていかないわよ、家にロゴスちゃんだけ置いて私達だけでいくわ」と怒鳴られ、その怒りが収まることがなかった。


みんなの読んで良かった!