第二回 記憶の扉 ~思い起こせば~

1 / 6 ページ

2009年、 Yahoo Blog の記憶の扉



脳脊髄が破壊されて





思い起こせば





脳脊髄が破壊されてベットで寝たきりだった。





麻痺で





自分を





認知することも出来なかった。





あの時





天井をぼんやり眺めていた。










幻覚を見ていた。





今でも





断片的な





記憶がある。





体は、動かなかった。





うっすらと





時々





目を見開くだけだった。





時もなく





生の





実感もなく





目に映るものが





歪み





動き




幻覚



あなたの人生の物語が書籍やドラマに! カタリエ 開催中

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。