第八回 記憶の扉 ~情報が救ってくれた~

1 / 3 ページ

2009年、Yahoo Blogの記憶の扉




ブログを見てくれていた人は




さまざまな時間に




更新している事に




気づいていると思いますが




痙攣や




痛みと痺れで




この4年は




ほとんど




普通に睡眠をしていません。




気を失うように短時間




寝ているだけです。






そんな中でも




社会復帰




対価を得る仕事を




考えれるように




なったという事は




肉体




精神の




回復




成長が




この




4年で




起こったということです。




医師には




半年症状が変わらなければ




変わらずに残り続けますと




言われました。








しかし


著者のKanamori Junkiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。