第十六回 記憶の扉 ~柳井正 & 孫正義~

1 / 3 ページ

2009年、Yahoo Blogの記憶の扉



2008年、リハビリ病棟に入院中の事だった。


週刊誌に出ていた柳井氏の記事を読んだ。


その記憶が、退院後にUNIQURO HP求人情報にアクセスをさせていた。


働くことなど出来ない体の状態なのにだ。


HPの求人欄に書き込み不採用の通知を受けた。


当然の事だ。



その後、日本にアメリカSNSが次々と上陸をした。


この時、孫氏のツイーターを知ることになる。


ツイートに掲載されたインタビューを読み涙した。


この事が切っ掛けで、孫正義に会いたい。


そんな思いを抱くようになった。


気が付けば、UNIQUROと同じようにソフトバンクHP求人欄に申し込んでいた。


そんなある日、ソフトバンクで「孫正義の後継者を求む」プロジェクトが始まった。


孫正義に会える。


私は、このように考えて東京の大ホールで行われた「ソフトバンクアカデミア公開講座」に募集をした。


運よく当選を果たして、公開講座に参加することが出来た。


これで、目標を果たし満足だった。


そんな時、ソフトバンクから一通のメールが届いた。


東京本社で、3分間のプレゼンの依頼だった。


その時のことを書いたBLOG記事がある。


2010年開催のソフトバンクアカデミアからの事を2012年にまとめていた。




私は、ゴルフの試合に取り入れば「勝つ」ことが出来ると感じた。これをコーチングに取り入れて実践してきた。

【孫の2乗の兵法】

孫子と孫の時空を超えた合作

ランチェスターを一部流用




ゴルフは、人生、企業経営などに引用される本も多くある。




人生




企業経営




孫正義氏



日本を代表する人物の講義




表題




意思決定




ゴルフのショットで、様々なことを意思決定してショットを打っているだろうか?




決断


迷いなく100%の決断をして打ち続ける。


そして、結果を受け入れる。


その時、その時に応じた知恵を使い。


困難を乗り越えていく。




練習から100%の決断をして球を打つ。




無駄なショットなど一つもないのだ。





【ソフトバンク アカデミア】


昨年だっただろうか、ソフトバンクアカデミアの開催を知り孫社長の講義に応募した。


会場入りが当選となり、孫社長をこの目で見ることになった。


あの時の私の状態では、それで目標は達成され満足だった。




これで終わりと思っていたところに汐留本社プレゼンに呼ばれた。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。