第十六回 記憶の扉 ~柳井正 & 孫正義~

1 / 9 ページ

2009年、Yahoo Blogの記憶の扉



2008年、リハビリ病棟に入院中の事だった。


週刊誌に出ていた柳井氏の記事を読んだ。


その記憶が、退院後にUNIQURO HP求人情報にアクセスをさせていた。


働くことなど出来ない体の状態なのにだ。


HPの求人欄に書き込み不採用の通知を受けた。


当然の事だ。



その後、日本にアメリカSNSが次々と上陸をした。


この時、孫氏のツイーターを知ることになる。


ツイートに掲載されたインタビューを読み涙した。


この事が切っ掛けで、孫正義に会いたい。


そんな思いを抱くようになった。


気が付けば、UNIQUROと同じようにソフトバンクHP求人欄に申し込んでいた。


そんなある日、ソフトバンクで「孫正義の後継者を求む」プロジェクトが始まった。


孫正義に会える。


私は、このように考えて東京の大ホールで行われた「ソフトバンクアカデミア公開講座」に募集をした。


運よく当選を果たして、公開講座に参加することが出来た。


これで、目標を果たし満足だった。


そんな時、ソフトバンクから一通のメールが届いた。


東京本社で、3分間のプレゼンの依頼だった。


みんなの読んで良かった!