バトンタッチ

1 / 3 ページ

※某老人施設に入院している老人、慰問にきた老婆が年上にあるのに感動し、老人が自分にできることを、地区の子どもたちに伝統芸能を受け継いでいくのである。そこで老人の生きがいを感じる。

------------------------------------------------

 今日は花咲きセンターに入所しているお年寄りたちにとっては、待ちにまった月一回の芸能大会であった。

 午後一時のチャイムの合図で、各部屋のお年寄りたちが大ホールに集まってきていた。一人で歩ける者もいれば、車椅子に乗せてもらっている人もいた。岡田利允は今のところ介護の手を借りずに一人で歩ける。岡田のことを本名で呼ぶ者はいない。センターの人たちは「岡さん、岡さん」と気さくに呼んでいた。

 月一回の芸能大会の日には、カラオケのグループがやってくることもあれば、皿回しの名人もくる。また幼稚園の園児たちが歌ったり踊ったりしてくれることもある。

 今日、予定されているのは、地元の幼稚園のの子どもたちの歌と踊りと、日本舞踊をやっている橘会のメンバーたちであった。昔懐かしい童謡も踊ることもあれば、義理と人情を織り交ぜた舞踊劇もあった。

 トップバッターは派手な花柄の着物をつけた女性が、蛇の目傘をくるくる回しながら、舞台の上を所狭しと舞い始めた。岡さんは最前列を陣取って見ていた。

「ヨッ!。千両役者!」とヤジが飛ぶ。踊りが終わった。拍手が鳴りやまない。

 二番手は橘会の代表である橘小百合であった。岡さんはバナナを半分ほど食べかけたまま、舞台の上で踊っている代表の黒田節に目を奪われていた。

 次は三歳ぐらいの可愛い女の子の番である。おかっぱ頭に花のリボンをつけ、別れても好きな人の曲に合わせて踊っていた。舞台の袖で母親らしい人が見守っている。お年寄りの中には涙を溜めている者もいた。

 中入れの後は舞踊劇であった。継母からいじめられる子がいると「悪い方は、実の子の方だ」と本気になって怒る人がいた。中には舞台に上がっていき、いじめられている子どもを宥める者もいた。それを見て、また涙を流す人もいる。

「今日は、これくらいにします。また呼んで戴ければ、いつでもやってきますので、それまで、みなさん元気で、また会いましょう」と橘会の代表の方から挨拶がなされた。

 岡さんが部屋へ戻りかけると、ホールの出口に橘会のメンバーが並んで握手を交わしていた。岡さんも気恥ずかしかったが、避けて通るわけにもいかず一人、一人握手をしながら出てきた。最後に握手したのは橘会の代表であった。

「岡さんは、いくつになられますか?」と代表から岡さんは手を握られたまま聞かれた。岡さんの年齢は大正十年の十二月二十五日だから、当年とって八十歳であった。体の方はいたって健康で、強いて探せば、血圧が少し高い程度であった。

「わしの歳かい。八十になったばかりじゃら」と岡さんはぶっきらぼうに答えた。

「へえ、そうですか。私より一回り若かったのですねえ」と代表の女性は顔をほころばせながら、声を弾ませて言った。

「ええ、そりゃ本当かい?」と岡さんは素っ頓狂な声を上げた後「そりゃ失礼しました」と丁重に頭を下げた。

 岡さんは自分の部屋に戻ったとたん、もし、それが本当なら、代表の歳は九十歳ということになる。本人がいうことだから嘘をつくはずはない。ということは、自分の方が年下である。そうなると、岡さんは自分よりも年上の人から慰問されていたことになる。これは、まったく逆ではないか。岡さんはショックが大きかった。

 これまで、岡さんは悲劇の主人公のように思い込み、何をするにも投げやりで、しかもマイナス的な考えしかできなかった自分が、いかに甘えていたかということを、今日ほど思い知らされたことはなかった。

 岡さんは体が不自由ならいざ知らず、いくら何でもこうした受け身的な生活ではいけない。それでは、自分に何ができるのかと、岡さんの中で自問自答が続いた。自分には何の特技もないし、これといって自慢できることもない。

 待てよ、ボランティァーにやってくる人たちのように、上手にやろうと思うからできないだけではないだろうか。これまでやってきたことなら、岡さん自身にも何かあるはずだ。

 早速、岡さんは自分にできる身の回りのものを拾い上げてみた。歌や踊りは苦手だが、百姓仕事だったら田植えでも、稲刈りでも、かけ干しでもできないことはない。

 ああそうだ。岡さんは忘れていたけど、三百年続いた郷土の伝統芸能である白熊(はぐま)なら、歌もできるし、練り方だってやれる。岡さんは自慢ではないが白熊を練るのにかけては、この村の中では自分の右に出る者はいないと自負していた。

                                    ※

「所長さん、ちょっといいかなあ」と岡さんは自分から所長室に出向いていって相談をもちかけた。

「何だろうか?」と所長さんは言いながら椅子から立ってきた。

「一度、わしの白熊の練るのを見てくれんかい」

 所長さんは急に白熊の話を持ち出されたものだから、さほど小さくもない目を見開いてくるくるさせていた。

「また、急にどうしたのですか?」と所長さんから聞かれた。

「わしの白熊でよければ村の子どもたちに教えてやってもいいけどなあ」と岡さんは遠慮がちに言って、ここへ至るまでの経緯を事細かく説明した。

「岡さんの白熊の上手なのは聞いています。もう見なくていいから、ぜひやって下さい。できるだけのことは応援しますから」と所長さんからその場で快い返事がもらえた。

 岡さんの白熊の発案をきっかけに、所長さんはこれまでやってきていたボランティァーを断り『一人が一つ、私にできるご恩返しを!』と機運が花咲きセンターの中で展開されることになった。これまでのように、周りから援助の手を差し伸べてもらうだけでなく、こちらから地域に積極的に参加する形式をとることになった。

 これまでやってきた、月一回の慰問の日を、地域の人たちと合同でやる友好祭に模様替えした。これまでの歌や踊りだけではない観たり聞いたりするだけでなく、センターに庭師がいれば地域の人に剪定の講習会を開いたり、漬け物の名人がいれば、そのやり方を伝授して、地域の人たちと交流を深めることにした。

 岡さんのように白熊を地域の子どもたちに教えたり、わら草履や竹馬の作り方を教える者もいた。その中でも大工や左官をやっていた人たちなんか、周りの人たちから引っ張りだこだった。岡さんはもう引っ込みはつかない。自分から言い出したことである。何があろうと、やるしかなかった。所長さんの紹介で、地元の小学校の生徒を、毎週土曜日の午前中に二時間、白熊の歌と練り方の指導をすることになった。

 学校側から数年前から毎週、土・日が休みになったために、ぜひ郷土の伝統芸能である白熊を、子どもたちに指導してほしいとの強い要望があった。岡さんはもともと無口な方であったが、奥さんに先立たれてから、センターへ入所するまで自分の部屋に閉じこもったまま、ほとんど出歩くことはなかった。

 慣れとは恐ろしいものだ。最初は退屈だったが、ものの何日もしない内にどっぷりこの生活に浸かっていた。ところが、ふっと気がついてみると、のんべんだらりとした、その日が経てばいいという、一歩ひいた生き方に満足していたところがあった。

                                    ※

 話が決まると、早速、岡さんは子どもたちを集めてもらい、白熊の練習に取りかかった。岡さんは自分の体で覚えていることは、子どもたちにすべて教えてやろうと意気込んでいた。

「それじゃ、歌から入るとするかなあ」と岡さんが方言丸出しで喋り出した。子どもたちはきょとっとして聞いていた。岡さんは白熊で最初に歌う歌詞を読み上げ、それに節をつけて唄った。

 御拝殿より練り出す白熊

これは当社のおたて道具

ハリャー、ヨイー、ヨイー

「おじちゃん、白熊というのは何ですか?」と一人の子どもが質問してきた。岡さんは首を傾げながら考えた末に、こう答えました。

みんなの読んで良かった!