偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【後編】

1 / 4 ページ

後編: 偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【後編】

しゃっす!どうもまくろ(@makuroblog)です!


ついに後編です。

ありがたいことに数人から続編を読みたいと言われ、涙が出そうです。

書きます。私ができることはそれだけです・



前編をまだ読んでいない方はこちらから→

偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【前編】


前編では大学受験を決意するまでの経緯を書きました!

今回はいよいよ受験勉強スタート→合格発表です。


偏差値30という現実。


前編でも言ったように私はバカです。

しかも中学受験で高校もエスカレーターで入学したので、ひどい成績でも基本的に入学できました。


その学力のまま進歩なく高校二年生になっていました。

そんなことも知らずに塾に行きました。


とりあえずセンター試験レベルの問題用紙を渡され解いてくるようにいわれました。


そこでもバカすぎて解けないのも気がつきませんでした笑



悠々と結果を待って言われた一言。

講師
君、塾に入れないよ。
はい?
講師
この点数だと入れないね。
講師
ちなみに志望校はどこなの?
慶應大学です。
講師
うん。厳しすぎるね。


ちなみに点数は

国語:50/200

英語:30/200

日本史:40/200


アホかて。


ちなみに当時の私は偏差値などもわからず、マーチと早慶しか大学は知りませんでした。

自分の学力と慶應大学の偏差値を知ったときに受験を辞めたくなったのを覚えています笑


部活やめて塾通い


なんとかその後の説得もあり、入塾させてもらえることになりました。


この時点でちょうど一年前です。

みんなの読んで良かった!