HAYATONY物語15

1 / 3 ページ



僕が新たに就職した会社はワンルームを中心としたマンション販売を手がける三洋ホームと言う渋谷にある会社であった。


この会社の営業方法は全国の開業医のドクターをターゲットに節税目的のリースマンション経営をベースにした不動産投資だ。


投資なので必要な資金は頭金の20%ぐらいで残りは融資を受けローンで購入する。


ワンルームを賃貸し家賃収入でマンションのローンを支払い、ローン利子やその他にもマンション経営で経費は引けるために節税しながら不動産資産を持てるという具合だ。


また、開業医のドクターは子供たちを東京の大学に行かせる人が多い為に、将来子供たちが大学に進学する時には子供たちの住まいとしても利用できると言うのがセールストークだ。


今から33年前なので不動産や証券バブル経済が密かに始まり始めたころだった。


この時に買ってバブル絶頂期に売却した人達はみんな大儲けしたに違いないだろう。


かくして不動産会社の販売営業マンとしての一日が始まった


ここでの初めての仕事はお茶くみだった。


新人社員は全ての先輩に朝、お茶を入れるのが朝一の仕事であった。


次に電話営業のセールスの仕方やリースマンションンの節税の仕方や仕組みを先輩社員からレクチャ―され新人は関東エリアから電話営業をするのである。


なぜ関東エリアかと言うと新人社員はせっかくお客様とアポイントを取って説明に出向いても契約率が低く、交通費などの経費の無駄遣いになる可能性が高くなる為、近県から始めるのである。


経験豊富な成績優秀な営業マンだけが関東以外の他府県まで電話営業ができるのである。


営業方法は全国の開業医名簿から一軒一軒電話営業し、そのワンルームリースマンションの投資説明を行うのだがまずは基本電話口ではほぼ取り合ってもらえない。


電話営業は断り続けられることから学びがあり、少しずつ顧客とのセールストークも良くなり始めると少しは話を聞いてくれたお客様は見込み客になり後日また電話営業をする。


電話営業で話す相手はドクターではなくその奥様が最初の窓口になる。


奥様と何度もコミュニュケーションをかわし様々な世間話をして信頼関係を構築していくのだ。


ドクターはたいてい忙しく電話には出ないが奥様は暇な時には1時間以上も話を聞いてくれるが肝心の訪問説明のアポイントになると何となくはぐらかされて「主人と相談します」がお断りの決まり文句だ。


僕は何とかアポを取りつけ物件の説明に向かう事が次第に出来るようになった。


トークが上手で口説き上手な先輩には旦那さんに相手にされない奥さんと不倫関係を結び購買を誓約している先輩もいた。


開業医の場合、お金の管理は奥様に任せているドクターが多い。

みんなの読んで良かった!