「ボクは、落ちこぼれのクリスチャン」

1 / 4 ページ

「ボクは、落ちこぼれのクリスチャン」


 しかし、いま聞いているあなたがたに、わたしはこう言います。あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行いなさい。
                      新約聖書 ルカの福音書 6章 27節

  敵を愛するのは難しすぎるので、「汝の隣人を愛せよ」を考えてみたい。私の隣人に中学生の息子がいました。サッカーが好きで、猫の額ほどの庭でサッカーボールを蹴るものだから、ときどきボールが私の家の窓ガラスに当たる。

「ドカーン!!」

  4回は我慢しましたが、5回目に怒りが爆発して

 窓を開けて、

「てめぇ、脳みそが腐ってんのか!!」

  と怒鳴りました。そして、隣人トラブルは避けたいので何とかしてくれと、隣人に手紙を書きました。私は塾を経営しているので、塾生の勉強が妨げられると営業妨害でもあり、生徒の静かな環境を守る義務もある。

  さて、このような隣人を愛することが出来るのか。クリスチャンとして、私はどうすべきだったのか。

「イエス」の画像検索結果

  また、ある時は、日曜日の朝のさわやかな気持ちのまま窓を開けたら、隣の小学生たちが窓の外を走り抜けていった。遊びまわっているのです。それまでも、隣で野球をしていてボールが壁にぶつかって睨みつけていた関係だったのです。

 それで、頭にきたので出ていって、胸ぐらをつかんで

「おい、人の家に無断で入るのは不法侵入といって犯罪なんやぞ!」

 と、つぶやいてやった。ビビって出ていきました。二度と来ないと思う。私は身長が177cmあり、少林寺拳法二段だ。小学生なら、ビビるはず。隣人との関係が悪化するのは分かっていたけれど、子供の躾けがなってない。

 そんな隣人とのつきあいは、こちらから願い下げ。

 言うまでもないが、私はマナーやエチケットを守る、常識人が相手なら親切丁寧に対応する。だからこそ、多くの人に支持されて30年間塾講師として生き残れている。私が学校の教師と違って、悪い生徒を追い出すのも支持の理由の一つなのだ。

 社会全体が落ちこぼれや、加害者の人権ばかり擁護して、被害者の権利を踏みにじり続けている。教養豊かなので口には出さないものの、非常識な人たちを苦々しく思っている。

みんなの読んで良かった!