桃の香りが運ぶ幸せ~きっかけ~

1 / 5 ページ

一軒家で、一緒に暮らすってっどういうことなのか。


わたしが決断した理由は、


一緒に居たいという気持


と「懸け」で暮らすことでした。




「懸け」。


過去の自分と、未来の自分の懸けです。

過去の自分は、そんなんできないよ、と。

未来の自分は、やってみろよ!と。


大学生から一人暮らしをしてきたこと、


一人暮らしをしたかったのは、親や周りにあわせることをしたくなくて


「一人」に憧れていたこと。


「共同生活」は、わたしの中で「懸け」でした。




「なんの「懸け」か。」


「人生の「懸け」です。」




今まで一人がいいと思っていたわたしにとって


その気持をすべて逆行することを行うわけですから、


できるかできないか。


これから、結婚を憧れている見として、誰かと暮らすことは避けて通れない。


そんな自分なのに、誰かと暮らしことが果たしてできるのか。



みんなの読んで良かった!