妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅳ

やりなおしの就職活動

さて、色々落ち着いた5月

パートナーの親類に合った際に、無職を嗤われます。

この時パートナーも一緒に嗤った事に関しては今も恨んでます。

この事が頭にきて体壊しても働こう、駄目ならもう首を吊ろう。

そう思いました。

パートナーは私を愛してはくれても護ってはくれない

自分を護れるのは自分だけだ。自立しようと思いました。

結婚して2ヶ月で離婚を考えるレベルでした。

精神面や体力面を考えると出来るだけ家から近い方がいい。

まずは週3から頑張ろう、と決めて、仕事を探し始めました。

本当にヤケクソの中、たまたま見かけた派遣会社の

登録説明会を予約しました。


運命みたいな派遣会社

登録説明会では色々なスキルチェックを受けました。

結果。

「事務職やろうよ!!ねぇやろうよ!!」と言って頂けるくらい

事務職系スキルが高い事が判明しました。

そうだったんだ!初めて知ったよ!

ただ、自分としては、専門分野にほんの少しでも携わりたい…

その日はそのまま家に帰ってきました。

ところがその日帰った後、一通のメールと、一本の電話が入ります。

自分が最も避けていた業種のお仕事の紹介でした。

週3OK、短時間OK、そして近いと条件が揃ったお仕事の紹介

もう運命だと思うしかない、しかも職歴無しの主婦なんて雇ってくれるところは

これを逃したら無いかもしれない。そう思って応募しました。


結果:ストレスフリーに働く環境を入手

客商売も、電話応対もはじめて。不安だらけ。

OJTがついてくださって、働き始めました。

右も左も解らないまま突っ込んでいった何も知らない業界。

研修期間も終わり、今では新しく派遣されてきた方に

「長年ここにいるんですか?」と聞かれています。

まだまだ学ぶべき事は多く、毎日が勉強です。

仕事の合間に周囲の方々とお話すると、みんな趣味に走りすぎ!!
ってな感じの方が多く、ストレスフリーです。

ストレスが緩和された結果体力が戻り、今ではもりもり働いています。

また、やはり職場でも、以前正社員で働き、体を壊した為

派遣で働く方が何人かいらっしゃいます。当然自分より体も心も丈夫な方達です。

やっぱり正社員だと自分には負担が大きかっただろうなと改めて思うのと同時に

「トータルで考えたときの幸せ」には一応辿り着けていると思ってます。


大事なのは環境

後から解ったことなんですが、大学院時代のTA経験や

先生の仕事の補助の経験を、派遣会社が「職務経歴」としてカウントしてくださっていました。

おそらくすぐに仕事が決まったのはそのためだと思います。

ちなみに今でも事務職のお誘いの連絡を派遣会社の営業さんからよく頂いています。

ありがたいことですが、どのお話も勤務地が遠く、現在の職場に居着いています。

学生時代の経験は想定外のところで役立っているし

あぁ最初から派遣から社員へステップアップしていく、という選択肢に

当時辿り着いていたらもっと楽だっただろうな、と今では思います。

そして派遣のいいところは「環境が酷かった時に辞めやすい」と言うことです。

仕事そのものに使うのは体力(と知識など)で、仕事を円滑に進める為に使うのは精神です。

少なくとも環境が良ければ、後者、つまり精神をすり減らすことはありません。

私は過去を振り返ってみても、確かにストレス以外で体調を崩すことは

あまりなかったように思います。結果として環境のいい職場に出会い

長く働くことができているのが現状です。


まとめ

派遣=待遇が悪い?

いくつかの派遣会社の登録に行きましたが、実際にそういう派遣会社もありました。

ただ、派遣先を見学させてもらえたり、短期での契約も出来るので、夢を追う事を

考えると、悪い選択肢では無いと思います。

実際に私の周りには夢を追いながら派遣社員として働く方が何人もいらっしゃいます。

妥協に妥協を重ねて正社員になって体を壊すくらいなら、派遣を勧めます。

あと派遣は不安な方は営業さんとよく話し合ってください。

営業の方は適材適所のプロです。

収入が不安なんだけど?

派遣で、何かしらスキルがあると時給1500円~という仕事も多いです。

なので大学在学中に取れる資格は取っておいた方がいいです。

それが国家資格だろうと何だろうと。

今の職場は特に資格等は必要ない仕事ですが、時給は1000円以上です。


妥協できるところは妥協、こだわるところはこだわる

私は「正社員」「業種」を妥協しました。

でも「勤務地」と「待遇」は妥協しませんでした。

今、趣味も楽しむことが出来ています。

パートナーと一緒に過ごす時間も確保出来ています。

色々妥協したとはいえ、ちゃんと幸せです。

これが「トータルで考えたときの幸せ」なんだと思います。


これから就活する人へ

幸せになってください。

自分の幸せを最優先に考えてください。

親や親類、兄弟が足枷になるなら切り捨ててください。

自分の幸せを邪魔する物は家族なんて言う暖かい物じゃありませんから。

意外といろんな生き方の人がいます。「こうじゃなきゃいけない!」は無いんです。

とにかく幸せを目指してください。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。