ただ、私を好きになりたかった③

1 / 3 ページ

前編: ただ、私を好きになりたかった❷

味覚は、親子三代影響するらしい。

ネタ元は忘れてしまったが、情報番組でそれを聞いて

「やばい!」と思った。

就職したての頃だったと思う。


親子三代ということは、

母とおばあちゃんの味付けが影響するということか。

両親は北国出身だ。

寒い地域の人は濃い味なのだ。

それまで美味しいと思って食べていた母の料理。

味付けを真似して、初めて彼氏に料理してあげたとき、

「味が、濃い」

罰ゲームかと笑いながら言った。

あれ、さっき味見したけど、美味しかったけどな。

ま、今回は失敗したのかもしれないなぁ。


それまで不倫したり、

同時多発的にお付き合いしたり、

とにかく愛されたくて、

キャッチアンドリリースを楽しんでいた私。

その当時は、真剣に愛していたし、それぞれが大恋愛だった。

今思えば、楽しんでいたのよ、愛されることを試していただけだった。


26のとき、

さほど憧れもなかったが、結婚した。

暴力を目の当たりにして育った私は、

同じような男性と結婚するんだと思っていた。

味覚と同じように影響を受けて引き継がれるのではないか。

事実、おじいちゃんもお父さんもお金にトラブルを抱えて、

暴力を振りかざす姿しか思い出せない。

どんなに嫌がろうと、

私はそこにたどり着くんじゃないか

と、漠然と思っていた。


が、しかし、

お付き合いから10ヶ月のスピード婚だった元旦那から、

暴力を振るわれたことは一度もない。

長い結婚生活の中で、

いつかはそういうことがあるはず。

そう思っていたが、暴力を振るうことはなかった。

激しい喧嘩もしたし、出て行くと飛び出してカーチェイスしたり、家出して実家から戻らなかったり、自殺未遂したり。。。

その当時の私は、私の正義があって、

絶対に曲げたくない、折れたくない思いがあった。

みんなの読んで良かった!