おばあちゃんのドライバーは早稲田卒

介護職員、看護職員が直接利用者に接する施設の中心スタッフだとすれば、それを支える他職種の役割も重要です。例えば栄養課には管理栄養士や栄養士の方がカロリー計算を行い、それに基づいて調理員の方が日々利用者様の食事づくりを行っています。栄養士、調理師がいなければ利用者様の生活は1日として成り立たないのです。そういう意味で毎日、おいしい食事を提供できるかどうかは栄養課のスタッフにかかっているといっても過言ではないでしょう。このように食事を自前で作っている施設がある一方で、私の知っている有料老人ホームは食事を全て大手宅配業者に委託していました。食事の業者への委託はコスト削減に有効で施設の経営を考えれば特養ホームも今後業者への委託を検討する時期がくるでしょう。

みんなの読んで良かった!