大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①

1 / 29 ページ

前編: 15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント
後編: 大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話②

突然の父の死から、




「自立したい。」




との思いが芽生えた私は、

大手住宅メーカーに入社し、

インテリアコーディネーターとして働いていました。





家具や照明、カーテンなど、

新築の住宅を建てる際に同時に提案し販売する、




"提案営業職"




です。




父の死の悲しさを紛らわせようと、

入社から2年ほどはそれこそ寝る間も惜しんで働きました。




入社してすぐ営業成績で全国表彰に呼ばれ

その後も毎期ごとに表彰に名を連ね、常に売れていたので、

周りから見れば順風満帆に見えていたかもしれません。




でも実は、実際は父との別れを紛らわすために

必死だっただけに過ぎませんでした。


みんなの読んで良かった!