わたしの3.11の記憶

1 / 4 ページ

わたしの2011年、3月11日。


家中のロウソクを探していた。

当時22歳。

横浜の実家で、『二度目の最終日』を迎えていた。



当時のわたしは、地元のレンタルビデオ店と都内のカラオケでアルバイトを掛け持ちする勤労学生だった。

在学中からオーディションを受けて、学外で舞台活動もしていた。

稽古のない日は、授業が終わってからビデオ店で25時まで働き、

稽古のある日は、授業⇒稽古⇒カラオケの夜勤

といった毎日を送っていた。

(6年経った今考えると、24時間サイクルで動き回ってたあの頃の体力が信じられない)


そんな生活も卒業と同時に終わりを迎えた。

学生の肩書きを失ったわたしは、訳あって実家で暮らすことが出来ず、都内で一人暮らしをすることになった。

舞台活動を続けようと決めていたので、地元のレンタルビデオ店を辞め、カラオケの夜勤を続ける事にした。

新居の契約も済み、鍵も3月8日頃に預かって少しずつ荷物を移していった。

レンタルビデオ店の締め日が毎月10日だったので、3月10日の18時〜25時が最終出勤日となった。

最終日はなんやかんやで朝方帰宅し、

今日はゆっくり眠って夕方頃起きよう、夜には新居に向かおう。

今日から新しい日々が始まる。

家族と離れるのはちょっと寂しいけど、頑張るんだ、一人で。


そんなことを思う、22歳の春先だった。




揺れた瞬間はベッドの中だった。


我が家の家族構成は、

母、妹、弟、弟、そしてわたし。5人家族。

父はいない。


母はこの日仕事が休みだったので家に居た。

長男はこの頃小学校6年。だけど何故か休んで家に居た。


揺れると同時に母の「地震!!!」という鋭い声がした。

地震の際、我が家がやる行動の一つに『玄関扉を開ける』がある。

わたしの父の実家が兵庫県にあり、祖父母は阪神淡路大震災を経験していた。

「地震でドア枠が歪み、外に出られなくなったんだ」と語ったのは誰だったか…当時6歳なので覚えていないが、その話を聞いてから我が家の習慣になった。


とにかく揺れたら玄関へ。

みんなの読んで良かった!