統合失調症とともにいきる 最終話

前話: 統合失調症とともにいきる 第四回

統合失調症を抱えている人は、決して、心の芯が折れてしまったわけではありません。

きちんと自分の意思があって、立っているんです。ただ、内側で不思議な事が起こっているだけ。


私みたいに人に言えなくて苦しんでる人も大勢いるでしょう。

傍からみれば、独り言をしゃべっているように見えるかもしれません。(最近はBluetoothがあるのであまり気にならなくなりましたが)

ときには不可解な行動や言動があるかもしれません。


同じような経験をした方に私のように開示してくださいとは言いません。

でも、

辛いことを辛いままにしていたら、人生そこで終わってしまうよ。

にがい、にがい薬を飲んだと思えばいい。

私の場合は、私の駄目なところをなおすために、今回の事が必要だったんじゃないかと思います。

良薬は口に苦しだから。

今回の事でひとまわりもふたまわりも、人間として成長できたと感じています。


前向きすぎ?

いいえ。

思いっきり塞ぎ込んでた時期があるから、 

それがわかる、

今が幸せ。


家族にありがとう、

友達にもありがとう。


私はいまを生きるよ。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。