震災で生まれた奇跡の感動物語

1 / 3 ページ

6年前の3月11日。

東北では、

未曾有の津波が襲い、尊い命が沢山

失われた。


それから1カ月が経ち、

ボランティアで震災支援に行ったとき

私は自分の無力さに涙した。


それは、生き残った人々が口々に

語る言葉だった。


「生き残ってしまって、申し訳ない」


目の前で家族が流され、

若い命も沢山亡くなったにも

関わらず、生き残ってしまった

自分を肯定出来ずにいる沢山の命が

そこにはあった。


そんな東北の地に一筋の希望の光を

灯された存在があった。


今上天皇である。


天皇ご夫婦は、南三陸へ慰問され、

その地と亡くなった人々へ深々と

ゆっくりとお辞儀され、

その姿をみて、何人もの方々が涙

されたそうです。


その後の行動で、東北の地へ大きな

希望の光が灯されることになった。


なんと、天皇陛下は、被災された方々に

直接語り掛けたい言葉があるとおっしゃり、

みんなが避難してる体育館へと来られたのです。


天皇陛下が突然来られ、

みんなその姿を見るだけで

涙が止まらず、心強かったそうです。


涙が止まらない東北の方々に対して

みんなの読んで良かった!