リクルートへの遺言

1 / 3 ページ

本日を持って10年間お世話になったリクルートを最終出社となりました。

振り返れば、本当にステキな10年間を過ごさせて頂きました。

全ての方に感謝しています。

 

リクルートでは、退職することを卒業するといいます。

今日も、送別会ではなく卒業式を一緒に働いていた仲間にやってもらいました。

卒業証書も頂きました。

そこで、最後に見送ってくれたみんなへのメッセージをリクルートで働く全ての人へ

僕の遺言として伝えられればと思います。

 

「本日は、ありがとうございました。

皆さんへ感謝の気持ちを込めて、リクルートでこれからも働き続ける皆さまに

伝えておきたいことがあります。

 

10年間と長いようで短いリクルート人生の中で、

後半は自分でも驚く程、出世してしまいました。

 

GMやエグゼクティブになる前の僕を知ってる方はご存知の通り、

僕は自由を愛する”ちゃらんぽらん”な男です。

とても、重責を担えるような人間ではなかったですし、

そもそも、チームで仕事をするのが苦手でした。

 

そんな僕がなんとか、こうしてやって来れたのは

2つのことを大事にしていたからです。

 

1つ目は、夢です。

青臭い話になりますが、リクルートはやっぱりというか

どこか大企業になってしまっています。

完成されてしまった高収益の事業だけでは、今後の事業成長に必ず陰りがくると思っていました。

 

なので、既存の事業より収益性は低くても、同業界では収益性を高く保ちながら、凄い勢いで成長する事業をつくりたいと思っていました。

そして、事業は人です。

凄い勢いで人が成長する事業をつくりたいと思っていました。

 

これが私の夢でした。

なので、一緒に仕事してくれた皆さんは僕の夢です。

いつも、この夢が身分不相応な期待に応える原動力でした。

 

2つ目は、仲間です。

なんのことはない。

僕の夢は、一人では絶対に実現できないことは明らかです。

 

一緒に成長してくれる仲間が絶対に必要でした。

みんなの読んで良かった!