Master yonegerの「よし!」の掛け声

1 / 2 ページ

大学を卒業して就職したものの一ヶ月で退職し、別の仕事を探して、そこでもまた一ヶ月で退職したしょぼい私が行き着いたのが「フリーター」だったのだが、そこで一人の上司と出会い、人生がガラッと一変した話。


就職活動は本気でしたことがなかった。

試験はボロボロなのに面接で合格しちゃうような、憎いタイプな私。

社長面接で「なんで試験結果が下から二番目なのに受かってんの?」と聞かれ、「人柄でしょうかね!あはは!」と躊躇することなく言っちゃうような、憎いタイプな私。

でも、いざ仕事に就くとなぜか「自分はそこにいたらいけない」「邪魔者」「汚物」という卑しい感情に押し潰されてしまって、全く使い物にならなかった。


大学を卒業してから十ヶ月の間に、三つほど職を変えた。

もう一度言おう。十ヶ月で、三つだ。

どうだ、しょぼいだろ。惨めだろ。見下すがよい。見下されて当然だと思っている。

収入がないので、もちろん「ニート」だった。

学生時代に溜めていた貯金をなんとか崩して生活していたため、どれだけ保つかはたかが知れていた。

銀行からお金を下ろす度に、背中とお尻に嫌な感覚が走った。

大学を卒業してから一年で、貯金は底をついた。


窮地に立たされた私は、学生時代にアルバイトをしていた映画館に、再び履歴書を送った。

大卒という贅沢な身分がありながら、晴れて「フリーター」となった。

ニートよりはマシだ。そう言い聞かせてどうにか自分の精神を安定させていた。


映画館のアルバイトの初出勤は、ゴールデンウィーク初日だった。

劇場は、大入りも大入り。

劇場ロビーは歩くことさえままならないほど、大混雑していた。

アルバイトスタッフ全員てんてこ舞いの状況のなか、新人(正しくは出戻り)の私に誰かがつきっきりで業務を教えられるほどの余裕は、どこにもなかった。

それでも以前やったことがある仕事なだけに、初日からそれなりに動くことができた。

「おいそこの新入り、邪魔だ」

と言われるようなことは一切なかった。

劇場内を動き(いや、走り)回って掃除して、声を張り上げてお客さんを誘導した。

掃除をして、マイクアナウンスをして、チケットをもぎって、また掃除をして、どれも懐かしくて思い出しながら、無我夢中で働いた。

あっという間に退勤時間を迎えた。

脳みそが悲鳴を上げていた。たぶん頭から湯気が出ていたと思う。

それでも清々しい気持ちでいっぱいだった。

職を転々とした不甲斐ない私がたどり着いた「フリーター」という道だったが、こんな自分にもできる仕事があるんだ、お金を稼ぐことができるんだと思い、達成感を味わうことができて、何とも言えない生きている心地がした。

事務所に上がり、タイムカードを切ると同時に、私は声を張り上げた。

「もうくっそ忙しくて頭痛いですけど、最高っすね!!!いやぁ、たまらんわ!!!」

その声に反応してか事務所のデスクに座って仕事をしていた大人(社員)の皆さんが、一同に立ち上がって、顔をほころばせながら近寄ってきた。

「お疲れさま」

スーツに身を包んだ大人(社員)の皆さんの中に、その人はいた。

劇場支配人のyonegerだ。

柴犬のようなやさしい顔をしたその人との出会いが、私の人生を大きく変えることになる。

もしyonegerに出会っていなければ、いま頃私は、芸能関係のお仕事をしてはいなかっただろう。


映画館で始まったフリーター生活も半年が過ぎた頃に、yonegerから突然ある指令を受けた。

「よし!お客さんの前に立って盛り上げてこい!」

みんなの読んで良かった!