15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

1 / 33 ページ

後編: 大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①

私は中学の時に自律神経失調症を発症し、

その後、約15年以上にわたり病気と付き合ってきました。





今でこそ完全に克服し病気を患っている間、

自分自身がどのような精神状態だったのかも

忘れてしまっているほどですが、当時の私は、




「何の意味があって私は生きているんだろう?」




と言ったようなことを常に考えて生きていたように思います。




今回、その約15年の軌跡と私が体験してきたエピソードを

ストーリーで綴ってみようと思い

始めてSTORYSに投稿させて頂きます。




お付き合い頂ければ幸いです。







幼少期から母の愛情不足を感じていた私


私は兄二人、三人兄弟の末っ子として生まれました。




母は男の子が可愛いのか、兄二人ばかりに手をかけて、

末っ子の私は、母にどこかないがしろにされているような、

"愛情不足" を常に感じていました。

みんなの読んで良かった!