このページは10ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
10 / 33ページ



それは伊丹先生のアドバイスを無視し、

私のことよりも世間体や周辺の目を気にする母に、




「たぶん、これからもお母さんは

私の気持ちはわかってくれないんだろうな。」




"小さい頃から母に求めていたものが

手にすることができなかったことが

私の精神を狂わせていたこと"




"求めれば求めるほど手に入らない苦しみが

今の私を作ったということ"



伊丹先生
母親との距離を保つこと!



伊丹先生の言葉の意味がなんとなく理解できた瞬間でした。






母の私への執着がいきなり高まる


中学、高校生の間、

私の自律神経失調症は良くなったり悪くなったり、

病院に通いながら付き合い続けました。




高校時代、いじめにも会いましたが、

母親に相談することも出来ず、

相談できるのは友達と伊丹先生だけ。


続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①