このページは12ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
12 / 33ページ


就職してわかった仕事の楽しさ


短大を卒業した私は、地元の大手の家具屋さんに就職しました。




その会社で、高級とされる家具を販売する営業として

働き始めます。




営業の仕事は私にとっては天職で、

配属と同時にずっと好成績を出し続けることができました。




なぜ、配属と同時にいきなり売れていったかと言えば、

実は、幼い頃から母の気を引こうと

母の気持ちを探り続けたことにより、



いつの間にか人の気持ちを読むことが

出来るようになっていたからです。




新しいお客様と初めて会った時には、




"そのお客様が買う方なのか?"




"いくらぐらい購入される方なのか?"





営業という仕事をしたことがないのに、

それまで自律神経失調症を患ってきたことにより、

普通の営業の人なら、長らく経験して身につけられることが、

続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①