このページは19ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
19 / 33ページ



これで本当に母から解放されるという清々しい気持ちが

怖いという気持ちを上回り、

中学校の頃に伊丹先生から言われた




"母親と距離を置くこと"




が初めて現実となった瞬間でした。






うつ病を発症


一人暮らしを始め母からの呪縛が解かれた私は

病気も安定し生活していました。




しかし、一人暮らしを始めて数年経った頃、

この頃、働いていた家具屋さんが倒産することが決まり、

それを機に私は職を変え、営業職から、

ある会社の事務職として働いている状況になっていました。




そんな状況の24歳のある日のこと、

父から突然電話が入りました。



お母さんが帰ってきてくれと言っている。
お母さんと一緒に住むことはできないよ。
実はお父さんが加奈子の肩を持っているのに気づいて、「これ以上お父さんが加奈子の肩を持つんであれば離婚する。」とお母さんが言っているんだ。
お父さん、今まで私のことをかばってくれてありがとう。少し考えさせて。


悩みました・・・。

私の家出も今の状況も父のサポートなしではできませんした。




続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①